【3分で分る】パチンコの勝てる曜日・勝てない曜日を15年分のデーターから解明してみました‼

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

パチンコはしばらく同じ店に通っていると、出ている日と出てない日があるのに気付きます。

ネット上でも「この曜日が勝ちやすい!」など憶測が飛び交っていますが、実際、勝ちやすい曜日、勝てない曜日は存在するのでしょうか?

ここでは、蓄積してきた稼働データーから勝率の高い曜日とそうではない曜日をご紹介します。

ネットなどの情報で出やすいと言われる曜日に打ったのに大負けした…という方は必読です。

3分で読めます。


勝ちやすい曜日

結論から書きます‼

データー上で勝率が高いのは土曜日です。

長年、色々な曜日で打っていますが、他曜日より3割近い勝率を上げています。

これってすごい数字ね☆彡
ケン娘
ケン娘

よく言われる噂です。

・土曜は必然的に客が集まるから店も出す
・人が集まるから確率的に当たりが出易い

ただ、これらはあくまで噂に過ぎません。

15年に及ぶの長期スパーンでみると、そこには勝率がよい何らかの因果関係が必ずある訳です。

また、その因果関係を把握出来れば勝率は必ず上昇するので、詳細を後半で書かせてもらいます。

 

勝てない曜日

次に勝てない曜日も明確です。

勝てていない曜日は水曜金曜です。

こちらは勝ててる曜日とは真逆で勝率が平均値の3~4割低い数値となっています。

当然ながらこれらの曜日は出来るだけ避ける様にしていますが、時間が空いた時など、ついつい打つこともありますが、勝率は極めて低いです。

世間一般ではこう言われます。

・週末の放出に向け金曜は回収
・金曜は必然的に人が集まるので回収モード

しかしホールを見渡せばドル箱を積んでいる人はいて、勝つチャンスがない訳ではありませんが、確率的に当たりに絡めていないのが現実です。

では、勝ててる曜日と比較して、なにか根本的に大きな違いがある事にお気付きでしょうか?

具体的にご説明していきます。

要因①~混み具合

勝率を左右するのは人の多さです。

一般的に人が多いほどホールは儲かり、その分の資金が打ち手に還元されると考えられがちです。

この点はホールにより経営方針が異なるので否定はしません。

しかし一つ言えることは人が多いという事は、台を選ぶことが制限されるという事です。

ポイント
台の選択が限られると不利

特に低投資をする場合、台移動は必須であり、移動出来る台が限られることは致命的です。

金曜日の夕方は週末の安堵感からか⁈仕事帰りの会社員が長時間同じ台を打ち尽くすケースが多く、席が空かないケースがほとんどです。

この状態では台移動が出来ない為、投資を無駄に継続してしまったり、投資対象ではない台に手を出すなど、悪循環に嵌るケースが増えます。

ケンペイタ
ケンペイタ
これが勝因を下げる大きな要因の一つです。

つまりは人が多いと、店の設定云々の前にまともに勝負出来る環境では無いのです。


▲マイホの金曜19時の様子です。

人気店という事もあり、19時の時点で仕事帰りの会社員でほぼ満席に近い状態で、21時頃まで同じ人が席を陣取っている状況が続きます。

ここまで粘られると狙い目の台も拾えませんので、賑わいに釣られ、無理して投資を行うより、即座に撤去する事をお薦めします。



要因②~投資可能な時間

勝率を左右する要因は時間です。

パチンコは狙い目の台が空くのを待つのに時間が必要であり、当たりを引き当てるまで何度も移動を繰り返すことを考えると十分な時間が必要です。

仕事帰りに打つ場合、ホールに19時前後到着する事が多いと思いますが、閉店時間を考えると勝負できるのは3.5時間しかありません

パチンコは当然ながら一斉に全ての台が大当たりする事はなく、平日の夜の場合、閉店までに1~2割の台が当たるか?!の厳しい環境です。

しかし投資対象台が空かない!確保しても釘が悪い場合などに移動を繰返すと時間は早々に経過し、投資を取り返す前に閉店となるのがオチです。。

ケンペイタ
ケンペイタ
金曜日によくある負けパターンの典型です。

その点、土曜日は平日より混むものの、時間を十分に確保できるので、焦ることなく台選び・台移動を行い、当たりを呼び込めるのです。

台を厳選する時間は本当に重要です‼

実際、土曜に4台の初当たりを引き当ててました。


▲内部確変にあるので2.5Kで即当たりです。


▲シンフォギアは1.5Kで4連ゲットです。


▲劇場霊は鏡の法則で投資1.5K→6連です。


▲009は単発も天井狙いの0.5Kで大当たり~‼

すべて内部確変にあるものの長時間陣取っていた人が諦めた所をハイエナさせて頂きました。

時間に余裕があるからこそ出来る業です‼

要因③~オカルト

要因3つ目はオカルトです‼

パチンコ関係者から聞いた話がベースです。

ポイント
水曜は業界全体が大人しくする傾向

パチンコは浮き沈みのある『水もの』と考えられ、水がつく水曜日は水商売と同じ考えから、大人しく、出玉も抑える傾向にある、というものです。

これが業界的に事実なのかはわかりません!

ただ、データー上、水曜は大当たり数が1週間の中で一旦落ち着く傾向が見受けられ、且つ、長年の実績からダントツで勝率が悪いのも事実です。

勝率が低いのが思込みによるものなのか?!もしくは、業界的に本当に出さない曜日なのかは分かりませんが、数字をみると満更でも無さそうです。

まとめ

いかがでしょうか?!

パチンコには曜日と勝率との間に因果関係が存在する事を、ご理解頂けたのではないでしょうか。

自分の様な投資スタイルは極端かもしれませんが、時間の確保が十分で、ある程度の人の流れがあり、席の移動が可能な環境で打つことをお薦めします。

ポイント
環境の確保ができる日が勝てる曜日

生活スタイル、地域により環境を確保出来る曜日は異りますが、この点を注意してみて下さい。

このページの関連記事

アクセスがかなりあります

・記事①:内部確変の詳細
→パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

・記事②:鏡の法則の詳細
パチンコ雑誌が絶対に書かない狙い目の回転数に秘められた法則

・記事③:台の反応の見極め方法
パチンコのうざい煽り演出から当たりまでの距離を知る方法

記事④低投資の攻略全般
攻略本が絶対に書かないパチンコに低投資で勝利する方法 まとめ