パチンコ 甘デジ(デジハネ)で勝てない⁈それ当然 全然甘くないよ!!

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

甘デジって当たり軽いですが勝ててますか?

パチンコで1/319が勝てないから甘デジに流れる人が多いですが、実は甘デジのプログラムはとてもシビアで簡単に勝てるものではありません!

ここでは、甘デジがなぜ勝ちに繋がりにくいのか⁈をご説明していきたいと思います。

この記事で得られる情報です。

・甘デジが勝ちにくい理由
・パチンコで勝つ為の対処法

甘デジなのに気付けば数万投資してしまってる!これなら1/319を打っとけばよかった…

甘デジなのに300回まわしても当たりが来なかったの…最近はこういう事が多くて本当に勝てません…

 

という方は必見です。

2分で読めるようにまとめてます!

甘デジは投資に見合わない?!

甘デジは投資にみ合わないのでしょうか?

結論から言うと、現行の甘デジはうまくいけば一撃で万発を獲得する事も出来ますが、プログラムの癖を知らないと長期スパンで見ると勝ち難いと言えます。
ケンペイタ
ケンペイタ

まずは甘デジの特徴について触れてみます。

・当選確率率が1/99.9と低めの設定
・通常機に比べ当たりが引きやすい
・出玉は少ない
・連荘、割振りが嵌れば万発!
などなど

一般的には、上記の通り当選確率が1/99.9と低く設定されており、当たりを引きやすいのが甘デジの売りとなっています。

あたり引けるから楽しいよ!
ガンツ
ガンツ

たしかに、投資概念を持たない人には少ない投資でも当たりを引ける可能性があり、根強い人気があるのも事実です。

ただし、投資効率に見合うか⁈は微妙です。

何故なら、甘デジの8割の当たりは数連で終了、追加投資を重ねる事で爆発の波にたどり着ける様プログラムされているからです。

つまりは、ある程度の出玉を獲得するには投資を継続する必要があり、追加の投資金額を考えると結構きびしい仕様だと言えます。

実際の履歴でみてみましょう!

上図は甘デジの当選履歴ですが、数連を繰り返し7回目で漸く連荘を迎えており、追い切った場合、2~3万の投資が必要になる計算です。

通常機に投資しているのと変わらないわね…
ケン娘
ケン娘

そうなんです!

結局は大当たり後の時短も短く、ほぼ0回転から打ち直す事を考えると積もり積もってそれなりの投資が必要となるのが甘デジです。

当たりが定期的にくれば、熱くなり投資を続けたくなるのが普通で、甘デジのプログラムはこの点を考慮してよく作られています

よって、0から打ち続けるのではなく、粘っていた人がやめた時を狙うなどのリスク回避を頭に入れながら打つ必要があります。

その他、甘デジが勝ちにくい理由があります。

その点を具体的に見ていきましょう!

甘デジが勝ちにくい理由①

甘デジが勝ちにくいひとつ目の理由です。

勝ちにくい原因は回転率です。

仮に甘デジが25回/kなどで回るのであれば、少ない回転数で当たりを引けるので勝負する価値は十分にあると思います。

しかし、実際には通常機に比べ甘デジの回りを厳しく設定しているホールが多いです。

甘デジの回転数は厳しめの設定

実際、神奈川の2店舗で計測してみましたが、

結果、通常機の平均回転数14.5/K、甘デジは10.4/Kとなっており、甘デジの回転数は通常機より抑えられているのが数値的に明確です。

ケンペイタ
ケンペイタ
当選確率が低くても回らないと意味がありません‼

それぞれの回転数を図で比較すると分かり易いですが甘デジは通常機に比べ35%減の回転数となっており効率の悪さが明確です。

甘デジの投資→1.4倍の資金が必要

つまりは、当たり易いというイメージをホールが上手く利用して、甘デジから結構な金額を摂取しているのが現実です。

続いて2点目の要因をご紹介します。