甘デジ(デジハネ)勝てない?!それ当然、だって全然甘くないし、出ないよ!!

ぱち
Pocket

こんにちは。

新基準が出てから勝てない→勝てないから甘デジ(デジハネ)に流れる人が多いみたいですね。

でも、このブログで紹介している低投資法を知っちゃうと如何に甘デジ(デジハネ)での勝負が無駄かがお分かり頂けるかとおもいます。

その仕組みをここで説明させて頂きます。

1分程度で読めるようにまとめてます!




甘デジがきつい理由①~回転率

甘デジの当選確率は1/99.9で設定されています。

1/319の新基準機に比べると1/3近い当選確率なので当たり易いことは確かです。

しかし、問題が…

多くの店が甘デジの回転数を抑えているんです。

実際計測してみると、新基準機の平均回転数12/K、一方で甘デジは9.4/Kとなっています。

これマイホでの平均値ですが、他店でも概ね甘デジの回転数が抑えられており、当たりを引き当てるまでに相応の投資が必要な設定です。

これかなりイラつきます。

いくら確率が低いといっても回らないと意味ないですね‼

甘デジがきつい理由②~通常時の当選率

一見、当選確率1/99.9ってかなり低い様に見えます。

しかし、この数値はあくまで平均値であり、下手すれば800~900回転まで嵌ります、という数値です。

データー取ってると良く見ます‼

さらに出玉少ないじゃないですか…

中には万発超える時も稀にあります。

しかし、機種によっては確変中の4Rが50%以上であったりと、投資した分取り返せるのか心配になります。

その点、ブログでご紹介している低投資打法なら、甘デジの1/99.9より更に低率の1/39.8などで新基準機を勝負できるし、当選すれば16Rが50%以上あるので見返りも十分です。

その点を考えると回らない甘デジでまともに勝負する理由が無くなります。

※内部確変の説明はこちらの記事を御参照ください。



甘デジがきつい理由③~確変時の当選率

甘デジも確変に入れば1/99.9→1/14.5などに当然下がります。

そうした意味では甘デジでも内部確変の法則に基づき低投資の勝負は可能です!

 

※低投資の勝負法はこの記事にまとめてます

ただ、最近の台は確変時の当選率が1/30であったり高めのものが増えてます。

例えば『ダンバイン』の甘デジだとこうです。

メーカー サミー
大当たり確率 1/99.9 → 1/30.0
賞球数 1&3&7&9
確変率 35%→100%(ST70回)

  • ・ヘソ:4R…15%、8R(実質4R)…17%、12R(実質4R)…3%
  • ・電チュー:4R…80%、8R…17%、12R…3%
ラウンド 4Ror8Ror12R(8C)
出玉 約168個or約224個or約448個or約672個 ※メーカー発表値
時短 大当たり終了後に50回

注目は確変中の当選率1/30です。

この数値って実は旧基準機のダンバインの1/32.4などと差ほど数値的に変わりがなく、いわば内部確変状態にあったとしても天井はおそらく250回転ぐらいで推移する事になります。

これでは内部確変に入っても旧基準機と同じく250回位を天井に当たりを引き続ける必要があります。

旧基準機同数の出玉が確保出来るのであればいいですが、実際は無理ですね‼

甘デジで勝負したいなら確変時の当選確率が低い台を選ばないと意味がない!

まとめ

甘デジを否定するつもりはありません。

古い台などで既に甘デジでしか打てない時などはたまに打ちたくもなるものです。

ただ、ここまでに触れてきた様に甘デジの当選率1/99.9も決して低い数値ではありませんし、ホールも甘デジの回転数を絞る傾向を考えると、厳しい環境と言わざるを得ません。

本当に勝ちに徹したいなら、低投資法で甘デジ以外に投資するか、甘デジでも確変時の当選率が低いものを選別して、より少ない投資で勝負するか、だと思います。

くれぐれも、プレミアが見易い!などデジパチは甘いといった誤った認識は捨ててください。





 

 

ぱち
【必読】パチンコを嫌いになった方がいつでも辞めれるし勝てるよ‼

こんにちは。 麒麟倶楽部へようこそ。 近年のパチンコ規制により出玉率は抑えられ、ホール有利の状況が続 …

ぱち
【必読】パチンコは爆発する時間帯が設定されてるからボーダー理論は無駄だよ‼

こんにちは。 パチンコが衰退する中、新装開店時などいまだにパチンコに朝から並ぶ人って多いですよね。 …

ぱち
ちょっと待って!!そのパチンコ台もう当たり入ってないですよ

こんにちは。 パチンコで勝ち続けるには低投資で勝負出来る台を如何に見つけ出すかが重要です。 ただ、何 …