甘デジ(デジハネ)勝てない?!それ当然、だって全然甘くないし、きついよ!!

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

甘デジって当たり軽いイメージありますが勝ててますか?

新基準の登場以降、新基準が当たらない→勝てないから甘デジ(デジハネ)に流れる人が多いみたいですね。

しかし、このブログで紹介している低投資法を知ってしまうと、甘デジ(デジハネ)に真剣になるのが馬鹿らしくなります。

この記事では甘デジ主体で勝負するのが如何に非効率的かをご説明します。甘デジで万発出したけど、その後全然勝ててない…という方は必見です。

2分で読めるようにまとめてます!



甘デジの仕組み

甘デジの仕組みについて触れておきます。

一般的な甘デジのイメージは、「通常の当選率が1/99.9となっており、甘デジ以外の通常機に比べ当たりを引きやすい」その代わり、「出玉は少ない」「ただ爆連、割振りがうまく嵌れば万発をゲットできる」というものではないでしょうか。

これめちゃ正しいです。

結論から書くと、甘デジの8割の当たりは出玉に繋がりません。出ても数百発の出玉が得られるだけです。その当たりを引き続け、漸く爆発の波にたどり着く事が出来る様プログラムされています。


▲「花の慶次X~雲のかなたに」のを例に挙げてみます。

数連、単発を繰り返し、漸く7回目の当たりで爆発を迎えています。仮に一日を通して一人でこの当たりを引いた場合、3~4万の投資が必要になる計算です。

こつこつと当たりを積み重ねて最終的にトントンぐらいで終われれば満足!という方は甘デジが良いのかもしれません。しかし、パチンコを投資と捉えた場合、費やす時間・お金的が非効率です。

その他にも甘デジが勝ちにくい要素があります。その点をみていただき、如何に甘デジが非効率的かをご認識ください。

順番に見ていきましょう!

甘デジが勝ちにくい理由①~回転率

一つ目の要因は回転率です。

甘デジの当選確率は1/99.9と低めの数値となっています。しかし、問題は多くの店が甘デジの回りを締め、回転数を抑えてしまっている点にあります。

実際、神奈川の某2店舗で計測してみました。

結果、新基準機の平均回転数16/K、一方で甘デジは10.4/Kとなっています。これマイホでの数値となりますが、他店でも概ね、甘デジの回転数は抑えられる傾向です。

〆ポイント
→甘デジは回りにくく設定される事が多い
これイラつきます。
ケン娘
ケン娘

いくら当選確率が低いと言っても、回らないと意味がないです‼

ぜひ、ご自身の目で甘デジと通常機の回転数を確かめてみてください。この点からして、甘デジでの真っ向勝負が非効率と言う事をご理解頂けるかと思います。

次の要因をみてみましょう。


ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!(もしくは収集したデーターどの様に分析して良いかが分からない…)、新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

なお、今回の内容はブログの核心に匹敵するものとなっており、常日頃、麒麟倶楽部をご愛顧いただき、記事の内容に納得頂けた方のみにお届けしたいと考えており、有料とさせて頂きました。

■販売価格:
●3つの方程式→2,980円

ご購入をご希望の方は上記バナーをクリック頂くかここから購入ページに移動することが出来ます(ページ移行後、即購入ではありませんので気軽に覗いてみてください)。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けるはずです‼ぜひ、ご検討ください。

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部