パチンコで負けている人の2つの特徴を知って勝ち組になろう!

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ!

パチンコに年間で勝てる人って少ないですね。

一発大きい当たりを引いても、その後負けが込んで、気付いたらマイナスになっているなど、勝越すのに苦労されている人が多い様です。

ここでは、長年パチンコを打ってきて気付いた負けている人の特徴をご紹介します。

この記事で得られる情報です。

・パチンコで負けている人の特徴
・パチンコで負けている人の対処法

年間でかなり負け越している…なんで俺だけ勝てない?と思っている長年パチンコの打ち方を変えていない…という方は必読です。

3分で読める様にまとめています。

パチンコで負ける人の2つの特徴

パチンコで負けている人の特徴です。

25年以上パチンコを打っていると周囲にも色々な人がいて、その人たちの傾向を分析する事で負ける人の特徴がある程度掴めました。

1回の投資金額が大きい人
・やめ時を見失う人

こういう人は100%負け越しています!

この人たちの言動はこんな感じです。

・何万発出した!と豪語する
→そこまでに相当の金額をつぎ込んでいる
・入店前は〇万使ったら止め様と宣言する
→機嫌悪く全くやめない
・これまでの収支が管理できていない
・口癖が演出が見れたからよかった
などなど

大抵、このタイプは投資理論を持ち得てなくお金ありきの投資になりがちなので、収益の波も荒くなる傾向が見受けられます。

とくに多額の投資をしている場合、心理的に投資分を取り戻したい!更に言えば利益を出したい!と欲がでてやめ時を失うのです。

この心理サイクルは上図の流れです。

・大金を投資する
→そこで負けてしまう
→取り返したいという欲が出る
→やめ時を見失う
これを永遠と繰り返してしまう

投資金額が増えれば冷静さを失う

具体的にはこんな感じです。

・5万投資して万発がでた
→あと2500発出れば負けを取り戻せる!
→投資を続行
→獲得した万発を0にしてしまう

このサイクルは誰もが陥る現象なので、仮にこの状況になっても自分を責める必要はなく、次からこの言動をやめればいいのです!

この対処法は以下の3点です。

・大金を投じることを当たり前と思わない
・投資金額を分散することを覚える
・投資に対しての損切を覚える

ひとつひとつ対処法を見ていきましょう。

パチンコで負けている人の対処法①

パチンコで負けている人の対処法です。

パチンコで負けてしまう人の特徴に1回の投資金額が大きいという傾向がありましたが、何が問題なのか?を認識する事が重要です。

〆問題点
大金を投じる事が当たり前になる

パチンコってそんなもん!
ガンツ
ガンツ

たしかに、パチンコはどこかには当たりが含まれているので、お金をつぎ込めばそこに辿り着ける可能性が高まるのは確かです。

しかし、そこには落とし穴があります。

・大金を投じて勝ちの味を知ってしまう
→それが正しい投資法と認識する
→以降も同じ行動をとる様になる

ケンペイタ
ケンペイタ
これ危険です。

大金を投じる事で当選機会は確かに増えますが、その当たりで投資に見合った出玉が必ず得られる保証は0%だからです。


▲パチンコの本来の遊戯イメージです。

Aさん~Fさんが順番に一定額を投資していき、運よくFさんのところで当たっています。


▲負け癖のあるAさんの投資イメージ

・当たりを引きたいがゆえに6人分を投資
→折角引いた大当たりが単発
→更に熱くなって投資を継続
→投資分を回収出来ずに撤収

この様に大金をつぎ込むのが当たり前になっている方は、収支が安定せずに気づかないうちに損失を積み上げて行ってしまうのです。

よって、この様な方は大金を使えばパチンコは当たるという認識自体を改めない限り、負のサイクルから抜け出す事は出来ないのです。

次に意識を変える方法を説明します。

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 





パチンコ
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部