パチンコ

【狙い目の台はこれだ‼】 Pフィーバー 機動戦士ガンダムユニコーン

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

「機動戦士ガンダムユニコーン」が稼働開始となりましたが、データの収集・分析を行えましたので記事化させて頂きます。

データ分析を行いましたが、狙えるポイントが新台の中では最も分かり易い機種だったのでしばらくお世話になろうと思います。

現行機の中ではピカ一の出玉性能を有しており、内部確変時の挙動も素直なので、新機種の中ではお薦めできる機種だと思います。

この記事で得られる情報です。

 

・内部確変の仕組み
・ガンダムユニコーンの狙い目回転数
・ガンダムユニコーン当選履歴の特徴
・ガンダムユニコーンの注目演出
データロボサイトセブン

単発が多くて勝てない。。。

ラッシュが続かない…

という方は是非読んでください。

最強ツール‘’サイトセブン‘’がおすすめ

詳細は『【正直どう?】サイトセブンを3年間使用してきた本音レビュー|評判まとめ』をご覧ください。

2021年時点で最も手軽で優良な情報を入手できるのでおススメします。

今なら、10日間無料で利用できるお得なキャンペーン開催中なので無敵です!!

 

尚、パチンコにはハウスゲインプログラムというものがあり、人付きが悪くなればそれ相応の排出をする様にできています。

この記事が稼働から時間が経過した場合、ハウスゲインが影響を及ぼすのでその点を理解の上、記事を読むようにしてください。

ハウスゲインプログラムは知っておいて損はないのでこちらを参考にしてください。

3分で読める様まとめています。

ガンダムユニコーン スペック

大当り確率1/319.7→約1/41.1(※1)
RUSH突入率60%
RUSH継続率
(※2)
約81%
転落小当り確率
(※3)
約1/153.7
賞球数3&1&5&15
ラウンド3R or 10R
カウント10カウント
出玉450 or 1500個
※払い出し
電サポ次回大当りorバトル敗北まで

今回も演出は色々凝った内容となってます。

演出面の詳細は他の方が色々情報をまとめているので省略させて頂きます。

ガンダムユニコーン 投資概念

初めて僕の投稿を読む方は必読です‼
(既にご存知の方は飛ばしてください)

僕の投資概念はシンプルですが、雑誌などでは触れない独特な考えなので、理解していないとこの後の説明を理解でできません。

ケンペイタ流の投資概念全般を図解で30分で習得したい方はこちらから

 

では攻略概念を説明します。

〆投資概念
内部確変にある台を見つけ集中投資

パチンコは潜伏機能付きの機種に限らず、すべての機種に内部確変が存在している、と考えるのが、僕の投資概念の基本です。

通常、パチンコの当選確率は1/319が上限となっていますが、この確率内で投資をしていてはお金がいくらあっても足りません。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
そこで高確率の活用です

 

1/10の確率で勝負ができる

つまり、表面的には通常でも、内部確変ではプログラム的には確変状態にあるので、高確率で当たりを引き当てる事が可能です。

言い換えれば、確変時の確率で投資できるとすれば、甘デジの1/99よりも甘い確率で勝負を行うことが出来るという事になります。

これなら低投資での勝負可能です。

 

尚、注意していただきたいのは、内部確変=潜伏台を拾うという事ではありません。
(潜伏台が捨てられていることは稀なのでハイエナ行為は無駄です)

 

また、内部確変は、ある条件下でのみ存在するので、投資する台が内部確変?通常?どちらの状態にあるかの見極めが必要です。

その見極めは回転数にあります。

端的に書くと、ある一定の回転数(天井値)を超えた場合は通常状態、それ以下なら内部確変の可能性が高いと判断します。

注)ここで言う天井値(回転数)とは遊タイムの天井とはまったくの別物で、『内部確変』にあるか?を見分けるためのものです。

よって、自分の投資概念の基本は、回転数から内部確変にあるかを見極めて、その回転数内に投資を集中させるというものです。

内部確変の詳細はここではすべてを書ききれないので詳細を知りたい方はこちらへ

 

以上が投資概略の基本となります。

次にリサーチによる天井値の公表です。

ガンダムユニコーン 天井値

結論を先に書かせて頂きます。

この台の天井は329回転です。

内部確変の状態では、329回転を天井として当たりを引き続けるイメージです。
(遊タイムの天井ではありませんよ!)

転落式が採用されており、0からのスタート回数が減る分、天井を高めに設ける事で球を回収する機種の典型です。

履歴のイメージを見てみましょう。

 

イメージは上図の様に、329回転を天井として、あたりを繰り返します(確変時の確率の為、グラフが低く並びます<オレンジ部>)。

また、天井値は329回転と若干高めの設定ですが、グラフの凹凸はとても素直で鏡の法則がかなり適応されるので、狙い目の回転数は他機種に比べ定め易い印象です。

これまでのデータ上、鏡の法則の適応率が87パーセントと極めて高い数値になっており、一つの目安になると思います。

RUSHに入らないと出玉数はわずかな上、0から再スタートとなりますので鏡の法則で回転数をしっかり定めてください。

 

続いて狙い目の設定方法です。

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。