パチンコ 甘デジ(デジハネ)勝てない?!それ当然、だって全然甘くないし、きついよ!!


甘デジが勝ちにくい理由②~通常時の当選率

勝ちにくい2つ目の要因です。

甘デジの当選確率1/99.9は一見すると低い数値に思えます。

イメージ的にはすぐに当たりが来そうな感じです。しかし、1/99.9という数値はあくまで当選回転数の平均値であって、嵌れば800~900回転まで余裕であたりが来ない数値なのです。

〆ポイント
→甘デジの当選確率は決して低くない

この点を勘違いしてしまうと「甘デジなのに300回転を超えた(=遠隔)」みたいな頓珍漢なコメントが独り歩きすることとなります。

実際、甘デジも時々データーを集計していますが、最近の台は特に700~800回転台の当たりを以前より見る様になりました。深追いしても投資額を取り返せるならまだしも、甘デジは余程当たりを連荘させないと出玉の確保は出来ないので注意が必要です。

この様にパチンコ業界が作り上げた「甘デジ=軽い」という誤ったイメージで打つと大火傷をしますので、くれぐれもご注意ください。

次に重要な3つ目の要因です。

甘デジが勝ちにくい理由③~内部確変時の天井

最後は内部確変関連です。

このブログではパチンコの内部確変プログラムについて説明していますが、甘デジも通常機同様、確変に入ればその後内部確変状態に入ります。

実例としては1/99.9→1/14.5などに当然下がります。

ただ、ここで問題視したいのは、最近の甘デジは内部確変に入っても、その天井となる回転数がとても高いという点です。

例えで『ダンバイン』の甘デジを見てみましょう。

メーカー サミー
大当たり確率 1/99.9 → 1/30.0
賞球数 1&3&7&9
確変率 35%→100%(ST70回)

  • ・ヘソ:4R…15%、8R(実質4R)…17%、12R(実質4R)…3%
  • ・電チュー:4R…80%、8R…17%、12R…3%
ラウンド 4Ror8Ror12R(8C)
出玉 約168個or約224個or約448個or約672個 ※メーカー発表値
時短 大当たり終了後に50回

注目すべきは確変中の当選率1/30です。この数字はダンバイン(旧基準機)の1/32.4と差ほど変わりがありません。いわば通常時の当選確率は低いものの、内部確変時の天井が通常機と変わらない為、引き戻しにそれ相応の投資が必要となります。

以前の甘デジは内部確変に入れば天井は低めの設定でした。データー収集していると天井が56回転という機種などもあり、確変を抜けた後もすぐに当たりを引き戻せ、追加投資が必要なく遊べました。

〆ポイント
→甘デジも天井が高い機種が増えている

しかし、現在は通常機と変わらない天井のものが多く、内部確変の状態にあってもそれなりの投資が必要とされます。つまりは、減り続けるパチンコユーザーの補填を見えにくいところで着々と行っているのが現状です。

この点が最近の甘デジが厳しいと言われる理由です。

次に実践内容を見てみましょう。


▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼


▲集めたデーターを入力するだけで天井の分析が行えるシートです。自分が使用しているものなので割安提供です。

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部