パチンコ

【初心者必見】パチンコの出玉表示と実数が異なるのを防ぐテクニック

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

パチンコの出玉って画面表示と実数でかなりの差がありませんか?!

ここでは出玉を守る術をご紹介します。

この記事で得られる情報です。

 

・表示と出玉の数が違う理由
・出玉を守る術

換金したら表示より全然少なかった…

500円でも多く換金したい!

という方は必読です。

2分で読める様まとめています。

画面表示と出玉に差が生じる訳

パチンコは獲得数が画面に表示されます。

しかし、計量してみると表示されていた出玉より少ないことが殆んどで、損した気分になる人も多いのではないでしょうか?

場合によっては、表示より数千円かわってくる事もあり(等価)、差分が生じるポイントを把握して、対策する必要があります。

 

画面表示と実際の出玉の差分は確変などを消化している時にはじかれた玉数となり、はじかれるポイントは3点あります。

はじかれるポイント
①ポケットに吸い込まれている

②チャッカ-が閉まった時に玉がこぼれる
③確変(時短)消化時に玉が漏れる

 

ここでは①②を中心に見て行きます。
(大当たりで入賞している場合です)。

まずはポケットです。

大当たりチャッカ-の道筋にある青〇です。

入賞すると良いことがありそうですが、玉を回収する為のもので還元は0です。

・ポイント①
1Rで2~3玉がポケットに回収される

 

次にチャッカーです。

大当たり時はここが開いて入賞する事で出玉を獲得しますが、チャッカーが開いているわけでなく、ラウンド終了ごとに開閉されます。

チャッカーが閉まっている時は玉は流れてしまい、一瞬ですが次の開放までに3~4玉は入賞せずに漏れる形となります。

・ポイント②
チャッカの閉塞時に3~4玉が漏れる

最近はチャッカーが閉まる間隔が長くなり5~8玉が漏れる台もあるので注意です。

さらに詳しく見てみましょう。

表示との差分が広がる訳

上記の通りしっかり回収されます。

ポケットとチャッカーで7~10玉です。

一見すると僅かな出玉数で気にする必要がなさそうですが、16Rを通しでみると最大160玉が回収されている事となります。

等価だと500円?!!
ケン娘
ケン娘
ケンペイタ
ケンペイタ
10連したら5000円ですよ!

更には確変(時短)消化時にも玉が漏れる事も考えると、抜かれる出玉数は相当数になることをご理解いただけるかと思います。

大当たり後にそこから数%が抜かれるなんて、他のギャンブルではあり得ないぐらいパチンコは汚い仕組みで成り立っています。

これは、出玉を少しずつ抜くことでホールにとっては莫大な金額が落ちる為、長きに渡り採用されています。

 

500台設置で全台が5連したとします。

・1Rあたりの抜きが7玉の場合
→7玉×10R×5連×500台=175,000玉
→175,000玉×4円=700,000円
700,000円×30日=21,000,000円

一日に70万が抜かれている事となります。

 

この様に、パチンコ業界は1円でもホールに金が落ちることを優先しますので、出玉は自分で守らないととても損をします。

続いてその対応策方法をみていきます。

対策方法

対策方法はとても簡単です。

ポケットを避けることは不可能ですが、チャッカーで玉を抜かれないように対策することは可能で、誰でも簡単にできます。

具体的にみていきましょう。

 

大当たり中に玉漏れを防ぐには、単純にチャッカーが閉まっている時に玉を打たなければいいわけです。

ただ、毎度、チャッカーの開閉を確認していては時間も無駄に掛かってしまいますので、下記方法を繰り返してください。

基本的にチャッカーは定数(10玉など)が入ると閉まる→2~3秒で開く、を繰り返しています。

開閉の秒数が変わる事はありません。
(機種により秒数の長短は異なる)

よって、チャッカーに入賞していく玉数を数え、一定数が入賞したら打つのを止める→開いたらまた打ち始める、を繰り返します。

こうするとチャッカーに10玉入った時点で玉は打ち出しされていないので、1玉も無駄にすることなく大当たりを消化できます。

 

たとえば、花の慶次の場合、チャッカーに6玉が入ったら打ち出しを停止→3秒数えて打ち始める、を繰り返すと玉が漏れません。

これは機種によって開閉時間が異なるため多少かわってきますが、基本は同じで‘’◯個玉が入賞したら止める‘’を覚えればOKです。

ラウンド消化中はSPムービーを流したり凝った作りのものが多いですが、ボッーと右打ちしていると玉は容赦なく抜かれます!

無駄なロスを減らす様にしてください!

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では‘’大当たり中の無駄玉をなくす‘’方法をご紹介させていただきました。

念のためポイントをまとめます。

ポイント

大当たり中も玉は抜かれる
チャッカーの開閉を意識する
◯玉入れたら止めるを繰り返す

データロボサイトセブン
\今だけ10日間無料お試し登録/
登録はこちら(無料)

 

 

大当たりを消化する時の方法となりますが、連チャンした際にはこれだけで換金金額が変わりますので参考にしてください。

実際、僕も新台が稼働したタイミングで‘’◯玉入れたら止めればいいか‘’を必ずチェックするようにしています。

 

なお、出玉を守るには、そもそも大当たりを引き連チャンをする必要がありますが、そこにもちょっとしたコツがあります。

このブログでは‘’コツ‘’を記事化しています。

詳細を把握したい方はこのブログを読み込むか、もしく最速マスター パチンコ攻略概念 総集編を活用してください。

これまでのデータ分析から編出した複数の法則性を元に、狙うべき台の絞り方を詳細にまとめているのでご参照ください。

頑張っていきましょう!

 


▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

データ収集にかける時間は不要!
投資範囲をホールで把握できる優れもの。
一度知ってしまえば10年は活用可!

▲【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。
同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼