【必読】パチンコ雑誌が絶対に書かない狙い目の回転数に秘められた法則

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

雑誌やネット見ていると『狙い目』の回転数が記載されてます。

パチンコのデーターを取り続けていると、『狙い目』は存在するので否定はしませんが、雑誌やネットの情報は結構適当です。

この記事では狙い目の回転数を自分で設定する方法を紹介します。

ネットでみた回転数を狙ったが一向に当たらない‼いつも適当に台を選んでいる…という方は必見です。回転数のカラクリも理解できます。

3分で読めます。

狙い目を設定するには?

狙い目の絞り込みは誰でも出来ます。

ポイント→
★1)内部確変の台を狙う
★2)1つ前の大当たりの回転数を把握する

この2点で狙い目の回転数が設定できます。

意外とカンタンそうだな?!
ガンツ
ガンツ

パチンコの当選数や爆発の波はプログラムで管理されているので、波を把握すれば狙い目の回転数が絞り込めます。

詳細を見ていきましょう。

内部確変の台を狙う

★1)から見ていきます。

まず【内部確変】とは何でしょう?

ポイント:内部確変とは?
→通常画面でもプログラム的に確変の状態

つまりは、確変状態にあるにも関わらず、通常画面で左打ちさせられてる状態を指します。

表と裏の顔が異なる二面性のイメージです。

こんな状態があるんですね?!
ケン娘
ケン娘

このプログラムを活用します。

プログラム的に確変にあるので当選率が1/319→1/39.8にグッと縮小されているので、当然はやい回転数での当選が続きます。

上から当選ラインを押し下げる感じです!

1つ前の大当たりの回転数を把握する

★2)を見ていきます。

ポイント
1つ前の当選回転数から絞り込みを行う

なぜ回転数に注目するのでしょう?

理由
★1)の場合、100回転を1マスとして一つ前の当選回転数に前後しやすい。

この傾向は【鏡の法則】と呼ばれています。

鏡の前でモノが左右対称に見える様に、当選履歴が左右対称の形を描くイメージです。

この法則を活用し、狙い目を具体化します。

横から当選ラインを押し出す感じです!

続いて具体的な適用例を見ていきます。


ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!(もしくは収集したデーターどの様に分析して良いかが分からない…)、新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

なお、今回の内容はブログの核心に匹敵するものとなっており、常日頃、麒麟倶楽部をご愛顧いただき、記事の内容に納得頂けた方のみにお届けしたいと考えており、有料とさせて頂きました。

■販売価格:
●3つの方程式→2,980円

ご購入をご希望の方は上記バナーをクリック頂くかここから購入ページに移動することが出来ます(ページ移行後、即購入ではありませんので気軽に覗いてみてください)。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けるはずです‼ぜひ、ご検討ください。

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部