パチンコで大負けしてやめたい!と思うなら投資スタイルを変えなきゃ駄目!!




こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ!

パチンコをやめたい!という方は多いですね。

SNSでは毎月何十万も勝ち続けている事を誇示している方もいますが、大半は嘘で実際には大金を失っている人がほとんどと言われてます。

にも拘わらず、SNSの情報を鵜呑みにして、これまで同様に大金を投資している人は相当の負債を負っているのではないかと危惧しています。

ここでは、月に何万も負けて「もうやめたい!」と思っている人がどの様に立ち回るべきか?!を自身の経験を元にご紹介させて頂きます。

この記事で分かる事

・やめずにパチンコを続ける方法
・どの様に立ち回ればいいか⁈

何万も投資しているのにここ数年まったく勝てなくなった!

大負けする度にパチンコなんてくだらないから辞めたい!と思っているのにホールに足を運んでしまう…

という方必読です。

3分で読める様にまとめています。

パチンコをやめたい!と思う理由を知ろう!

まずはパチンコをやめたい!と思う理由です。

大半の方が同じ理由だと思いますが、パチンコをやめたいと思う理由は負け続けて多額の負債を抱えているからです。

よって、逆に考えれば、勝敗の波はあるもののトータルでの収支が多少でもプラスであれば「やめたい!」とは考えないわけです。

では、なぜ大きく負け越すかと言えば、大半の方がパチンコは大金を投資しないと勝てないと思い込んでいる為です。

しかし、大金を投資するとこんな事が…

・最初は精神的に余裕がある
・当たらないと段々と焦る
・カマを掘られるのが怖くなる
・漸く当たって単発だと焦る
・焦りから心が乱れる
・予定外の投資を行ってしまう
などなど

大金ありきの投資を行っていると精神的にやむに止められない状況に追い込まれ、負債を増やす結果となってしまうのです。


▲某先生も同じことを言っていますね。

これは特定の人が陥るものではなく、パチンコを打っていれば誰もが陥る罠であり、ここを断ち切らないと収益を得るのは難しいです。

でも、パチンコは大金を投資してこそ大当たりに辿り着くってもんだろ!
ガンツ
ガンツ

たしかに、専業の人は大金を費やしています。

・釘をみてボーダー基準で立回り
・期待値に落ち着くまで投資し続ける
・朝から終日打ち尽くす
・毎回勝つわけではない
・収支の波が大きい

つまり、ボーダー理論派の方はデーターの収束に期待して投資を行う為、ほぼ毎日、長時間にわたり打ち続ける必要があります。

時間を持て余しているならそれでいいです。

しかし、仕事や学校があり平日の朝から打ち続ける事がむずかしい一般人が同じ立回りをすることを出来ますか?

毎日なんて無理です!
ケン娘
ケン娘

実際、僕も20代の頃に釘を勉強して休日は終日パチンコを打っていましたが、収支は安定せず数年で400万円負け越しました。

では、どうすればよいのでしょうか?

それは投資スタイルを変えるしかありません。

・打つ必要のない部分
→他人に打ってもらう
(=他人のお金を活用する)
・投資すべき箇所を絞り込む

ここでは端的に書きますが、パチンコで大負けをしない為の投資スタイルはこの2点を徹底して低投資を貫くことです。

低投資のコツはこちら

他人のお金を活用するのは気が引けるかもしれませんが、パチンコの罠にはまらない為にはそうするしかないと思います。

更に詳しく見ていきましょう!

低投資で大負けしなくなる理由①

低投資で大負けしなくなる理由です。

多額の投資を続けてしまうと途中でやめるのが怖くなるのが人間心理ですが、低投資の場合、この精神的な罠をスルーする事が出来ます。

もう一度打っている人の心理を見てみます。

・ここまで回したからあと少し⁈
・ここで止めたら釜を掘られそう⁈
・もう千円…一万円…二万円…
・隣がでたからあと少し!
・当たったのに単発かよ!
・頑張れ自分…

こうなると、当初は3万でやめる予定だったのが、気づけば財布に入れていたすべて使い切り、ATMに走る事となりますね。

これこそホールが最も喜ぶ客の典型やな!
ガンツ
ガンツ

では、数千円の投資だとどうでしょう?
(もちろん低投資で投資するには投資概念を知る必要があります)

粘って無駄な投資を行わなくなる

これが低投資を行う一つのメリットです。

もう一つ見てみましょう!

低投資で大負けしなくなる理由②

低投資で大負けしなくなる理由です。

ホールは釘などで出す日と出さない日を日々調整してますが、低投資を習慣にすると、その日がどの様な状態かを把握する事が出来ます。

ホールが出していないとこんな感じです。

・釘が渋い台が8割
・連荘している台が少ない
・当たっても単発が多い
・嵌まった当たりが多い

などなど

気づけばこんな感じです。

しかし、大半の人はこの状況に気付く事無く投資を続けてしまい、持ち金がなくなって我に返った時にこの状況に気づくのです。

1台に集中している事の弊害です。

しかし、低投資の場合こんな感じです。

・狙い目の台が空くまで待つ
→待っている間にホールの状況を観察できる
・回らなければ即リリース
→複数台打つとホールの意図が掴める
・データーを真剣に見る
→その日の状況を把握できる
などなど

つまりは、ホールの状況にいち早く気づけるので、大火傷をする前に投資を中止する事ができます。

朝から抽選に並んで台を奪い合っていたり、1台に集中しているとホールの状況が見えず、実はとても危険なのです。

頑張ってもホールが出さなければ勝てない
ケンペイタ
ケンペイタ
まさに、木を見て森を見ず、という諺のとおりです。

最後にもう一つのメリットです。

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。








スポンサーリンク
パチンコ
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部