パチンコで大負けしてやめたい!と思うなら投資スタイルを低投資に変えるしかありません




低投資で大負けしなくなる理由①

低投資で大負けしなくなる理由です。

多額の投資を続けてしまうと途中でやめるのが怖くなるのが人間心理ですが、低投資の場合、この精神的な罠をスルーする事が出来ます。

どう言うこと?
ケン娘
ケン娘

もう一度打っている人の心理を見てみます。

・ここまで回したからあと少し⁈
・ここで止めたら釜を掘られそう⁈
・もう千円…一万円…二万円…
・隣がでたからあと少し!
・当たったのに単発かよ!
・頑張れ自分…
などなど

こうなると、当初は2万でやめる予定だったのが、気づけば財布に入れていた5万をすべて使い切る結果に陥ります。

あるある、やな!
ガンツ
ガンツ

では、数千円の投資だとどうでしょう?

もちろん釜を掘られるのは嫌ですが、数千円しか投資していないので思い切って台をリリースして無駄打ちを減らす事が出来ます。

心は冷静なままです。

つまり、冷静な心理状態でいられるので、仮に負けたとしても予定額を上回る事無く、その日の稼働に見切りをつけられるのです。

・粘って無駄な投資を行わなくなる

投資概念を習得していても負ける時もありますが、その時、如何に負けを最小限に抑えるか、が日々の積み重ねを考えると重要です。

これが低投資を行う一つのメリットです。

もう一つ見てみましょう!

低投資で大負けしなくなる理由②

低投資で大負けしなくなる理由です。

ホールは釘は出す日と出さない日を日々調整してますが、低投資を習慣にすると、その日がどの様な状態かを把握する事が出来ます。

ケン娘
ケン娘
どう言うこと?

ホールが出していないとこんな感じです。

・釘が渋い台が8割
・連荘している台も少ない
・当たっても単発が多い
・ドル箱が積まれていない
などなど

気づけばこんな感じです。

しかし、大半の人はこの状況に気付く事無く投資を続けてしまい、持ち金がなくなって我に返った時にこの状況に気づくのです。

1台に集中している事の弊害です。

低投資の場合こんな感じです。

・狙い目の台が空くまで待つ
→待っている間にホールの状況を観察
・回らなければ即リリース
→複数台打つとホールの意図が掴める
・データーを真剣に見る
→その日の出具合を把握できる
などなど

よって、ホールが回収モードにある事に気づき易いので、大火傷をする前に一刻も早く店を出る事ができます。

1台に集中していると周囲が見えず、いくら頑張ってもその日は出ないにも拘わらず永遠とお金を投資する事となります。

ケンペイタ
ケンペイタ
まさに、木を見て森を見ず、という諺のとおりです。

最後にもう一つのメリットです。

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 



パチンコ
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部