【必読】パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

ここでは内部確変の仕組みと特徴を活かした攻略法をご紹介します。

この仕組みに気付いてから、収益を年間ベースでプラスに出来る様になりました。

数万円投資してるのに当らない…少ない投資で当たりを引きたい!という方は必見です。

釘しか興味ない方は、読む必要はないと思います。

パチンコの見方が180度変わります。

3分で読めます。


内部確変とは?!

内部確変は御存じでしょうか?

ポイント:内部確変とは?
通常画面でもプログラム的に確変の状態

つまりは、確変状態にあるにも関わらず、通常画面で左打ちさせられてる状態を指します。

表と裏の顔が異なる二面性のイメージで、当選率は内部的に確変状態なので1/319→1/39.8などにグッと縮小されます。

甘デジより良いじゃん!
ケン娘
ケン娘

一般的に、内部確変はその機能を有した機種のみ装備されていると思われがちです。

しかし、実際にはどの機種もこの機能は有しています

より踏み込んだ言い方をすれば、内部確変機能を有する機種はその機能を表面化しているだけです。

つまり、ゲーム要素の一つとして内部確変状態を開示しているのです。

一方、通常機は、内部確変状態にある事を教えないだけです。

特徴をみてみましょう!

内部確変時は当選確率が高いので浅い回転数での当選が続きます。

データーの履歴は、当選ライン(赤線)がグッと下がり、凹凸が緩やかになります。

この状態が内部確変の特徴です。

ここまではご理解頂けたでしょうか?

ぼくはこの状態を活用し、長年、パチンコでの収益を確保しています。

つまりは、この状態を認識する事が「ケンペイタ流投資概念」の第一歩となります。

具体的に見てみましょう。

なぜ内部確変が存在するのか?!

この様な状態がなぜ存在するのでしょう?

【内部確変】の存在理由は2点です。

理由(1)
ホールが損をしないため

確変が続くとホールの収益は目減りします。

右打ち中に2000発があたれば、追加投資がないので、その間はホールのマイナスです。

しかし、左打ちさせれば投資が発生します。

そうなれば、ホールは収益を得ることが出来ます。

当たりが生じても、ホールは収支を+-0に近くまで抑える事が可能です。

理由(2)
多くの人に当選を体験させるため

むかしは、一発台など一撃で万発を放出するギャンブル性の高い台が殆んどでした。

しかし、一部の人しかメリットが還元されない為、パチンコ離れが進み、この状況を打破する目的で登場したのが内部確変プログラムです。

大当たりを分散し、より多くの人が当たりを体験出来る様にしたのです。

当たりを経験すれば、パチンコにのめり込む中毒者が増えるので急速に普及しました。

例えば10の大当たりがある場合、1発台では1回で10すべてを放出していました。

これでは一人が興奮するだけです。

一方、内部確変のプログラムでは、3(右)→2(左)→1(左)→4(右)と分散したあたりが発生します。

仮にそれぞれ別の人間が遊戯した場合、4人にあたりを経験させる事ができます。

ホールはそっちの方がいいわけだ!
ガンツ
ガンツ

その通りです!

次にその特徴の活用法です。



 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部