好きな台を適当に打っていてはパチンコの安定収入は望めません!腰を据えて重点的に打つべき台を記事化しました
パチンコ

パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

パチンコは何万も投資してるのになかなか勝てない…、大当たりを引いても見返りが少ない…など、嫌になる事が多くないですか?

しかし、パチンコにも一定の法則性があり、それを活用すれば低投資で勝負ができ、投資が少ない分、収益を改善できます。

ここでは、15年以上のデータ収集/分析から編み出したパチンコ投資概念の中で特に重要な法則をご紹介させて頂きます。

この記事で得られる情報です。

 

・内部確変の本当の仕組みとは⁈
・内部確変が存在する理由
・パチンコを低投資で勝負するコツ

 

20年以上前は釘をみてボーダー理論で立ち回っていましたが数年で何百万の負債を負いましたが、投資概念を確立してからは収益は改善しました!
ケンペイタ
ケンペイタ

 

僕と同じ様な経験をしている方に「パチンコに大事なお金を捨てるな!」と伝えたくブログを始めたので参考にしてください。

 

朝から抽選に並んでいい台を確保しているのに、気付いたら20万も月間で負け越していた…

ボーダー理論で回る台を打っていれば勝てるいう情報をみて釘を勉強したけど、数か月で40万マイナス。。。たしかに釘見て勝てるならもっと多くの人が勝ててるはずですよね?!

 

いう方は必見です。

3分で読める様まとめています。

パチンコの内部確変とは?!

まずは内部確変を御存じでしょうか?

ポイント:内部確変とは?
通常画面でもプログラム的に確変の状態

これは確変状態にあるにも関わらず通常画面で左打ちさせられてる状態を指します。

表と裏の顔が異なる二面性のイメージで、当選率は内部的に確変状態なので1/319→1/39.8などにグッと縮小されます。

 

甘デジより確率いいじゃん!
ケン娘
ケン娘

 

一般的に、内部確変はその機能を有した機種のみ装備されていると思われがちですが、実際はどの機種もこの機能を有しています。

 

内部確変は実はどの機種にも存在します。潜伏機能を有する機種はその機能を表面化しているだけですつまりはゲーム要素の一つとして内部確変状態を打ち手に情報開示しているのです。一方、通常機は内部確変状態にある事を表面に出さず、打ち手にその情報を教えていないだけです。

 

特徴をみてみましょう!

内部確変にあるグラフの特徴です。

・浅い回転数での当たりが続く
・凹凸が緩やかに推移する
・当選ライン(赤線)がグッと下がる
などなど

ここまではご理解頂けたでしょうか?

 

なんとなくは理解できたけど、話が唐突すぎて納得まではしきれてないかな…
ケン娘
ケン娘
ケンペイタ
ケンペイタ
もちろん、こんな事を書く攻略雑誌もライターもいませんので、いまはこんなのがあるんだ?!ぐらいの認識で大丈夫です。データを収集し続けた事で見えてきた内部確変の実情を詳細に説明させて頂きます。

 

▲株投資に比べパチンコは投資概念を用いる事無く大金を投じている恐ろしい世界である事をまずは知りましょう!事実、株投資なら世界中で投資概念が常に発売されてます!

 

ぼくはこの状態(内部確変)を活用し、長年、パチンコでの収益を確保しています。

つまりは、この状態(内部確変)こそがケンペイタ流投資概念の基礎となります。

具体的に見てみましょう。

 

パチンコ投資管理のコツはこちら

なぜパチンコに内部確変が存在するのか?!

まずは【内部確変】が存在する理由です。

【内部確変】の存在理由は2点です。

理由①:ホールが損をしない為

 

確変が続くとホールの収益は目減りします。右打ちで当たれば追加投資がないのでホールのは差分はマイナスとなります。しかし、左打ちなら追加投資の発生によりホールはマイナス分を抑制する事ができます。

 

つまりは、当たりが生じてもホールは差分を+-0近くまで抑える事が可能なのです。

理由②:多人数に当選を体験させる

 

高確率の状態で当たりが出やすくなる事でより多くの人に当たりを経験させる事が可能です。当たりを経験すれば、パチンコにのめり込む中毒者が増えるので急速に普及しました。

 

ひと昔前は一発台など一撃で万発を放出するギャンブル性の高い台が殆んどでした。

しかし、一部の人にしか収益が還元されない為、パチンコ離れが進みました。この状況を打破する目的で登場したのが内部確変プログラムです。

例えば、大当たりが10ある場合、1発台では1回で全ての当たりを放出していましたが、これでは当選した一人が興奮するだけです。

一方、内部確変ではこんな感じです。

3(右)→2(左)→1(左)→4(右)とあたりを分散する事で4人にあたりを経験させる事ができる様になったのです。

 

ホールにとってはそっちの方がいいわけだ!
ガンツ
ガンツ

 

ケンペイタ
ケンペイタ
そのとおりです。パチンコは人間心理の研究とともに進化してきているとも言われています。大負けしていたとしても、当たりを一度でも引くことで人間は「次こそは捲れる!」と勝手に思い込むものです。そうすればパチンコ離れを防ぎ、カモたちをいつまでも囲い込めるのです。内部確変プログラムはそうした人間心理をうまく利用しているのです。

 

次にその特徴の活用法を見ていきます。

 

パチンコ貯金を作るコツはこちら

内部確変を活用したパチンコ投資法

内部確変を活用するコツです。

まずはデーターロボの当選グラフを見て、当選履歴が既述の内部確変の形状にあるかをチェックする事から始めます。

実際の投資では他にもチェックポイントが複数ありますが、まずはこれが基本となりますので、この点を重点的に説明します。

 

上図が内部確変の形状ですが、嵌った後に浅い回転数で当たりを繰り返しています。

次に内部確変の特徴を確認しましょう。

 

・一撃であたりを放出しない
・あたりを分散させる
・浅い回転数で引き戻す

 

この3点がデータ分析による特徴です。

つまりは、この特徴を活かして内部確変の履歴を描いている台に投資を集中させる事がポイントです(上図:オレンジ部分)。

実際の履歴はこんな感じです!

 

DSC_1498

 

左から4番目のあたりで内部確変に入り、その後浅い回転数での当たりが続いています。

 

今まで全く気にしていなかったけど、1/319の確率なのに低い回転数での当たりが一定数続く状態って確かにありますね!!
ケン娘
ケン娘

 

ここに投資を集中させます。

続いてに活用時の注意点を説明します。

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。