野菜嫌いの子供が一変した我が家のちょっとした工夫【無理は駄目!】




こんにちは。

麒麟倶楽部委へようこそ。

子供の野菜嫌いって中々治らないですね。

いままで普通に食べていた野菜を突然嫌いになり「食べたくない!」と言い出したり、とても困りものです。

大きくなれば自然と治るとは言われていますが、栄養面を考えると早いうちに治してあげたい!と思う親御さんも多いと思います。

ここでは野菜嫌いだった8歳の娘が野菜好きに一変した我が家のちょっとした工夫をご紹介させて頂きます。

この記事で得られる情報です。

・野菜嫌いを治した我が家の工夫

子供が急に野菜嫌いになって困っている…野菜嫌いを治すために色々行ったが改善しない…という方は必読です。

2分で読める様にまとめています。

野菜嫌いを治した我が家の方法①

野菜嫌いを治した我が家の方法です。

娘の野菜嫌いは相当なもので料理をいくら工夫してもダメでしたが、それが急に治った切っ掛けは野菜の無人販売でした。

ケン娘
ケン娘
野菜の無人販売?

当初は全くノーマークでした…

ある日、スーパーに買い物に行く時間がなく無人販売の野菜を買ってみましたが、これまで食べてきたものと味が全然違ったのです。

一口食べてそのうま味にはまりました!

無人販売の野菜を食べたことがある方なら分かるかと思いますが、その日収穫されたばかりの野菜はうま味がまったく違います

これをだましだまし娘に与えた所、最初はいやいや食べていましたが徐々に野菜を口にしてくれる様になりました。

更に無人販売で野菜を一緒に選ぶようになってから、食卓に野菜が並んだ時の反応も大きく変化してきました。

娘:これ、わたしが選んだ野菜~!

自分の選んだ野菜は特別感がある様で、自慢げに食卓で食べる様になりました。

さらに良い事がありました。

野菜嫌いを治した我が家の方法②

野菜嫌いを治した我が家の方法です。

味以外にも子供に好評な点がありました。

無人販売に通い続けるうちに生産者のおじちゃんに顔を覚えてもらい、娘に野菜を取らせてくれる機会を設けてくれました。

ケンペイタ
ケンペイタ
畑に入れてくれました!

おじいちゃん:
好きな野菜抜いて良いよ~大根抜いてみる?

娘:
大根抜いてみたい!

おじいちゃん:
好きな野菜抜いて良いよ~人参抜いてみる?

娘:
人参ほしい!

子供大喜びです!

ちなみに、おじちゃんに聞けば野菜をどう料理したらおいしいか?も教えてくれます。

こうなれば夕食でも野菜嫌いを忘れ、自分が畑から抜いた野菜は別格に美味しそうです。

生産者と話すことで、子供の口に入る食べ物の安全性も理解でき親としても安心です。

この様に野菜を食べてくれました!

ちなみに、畑におじちゃんがいない時もありますが、大体、常連のおばちゃんが美味しい食べ方を教えてくれます。

みなさん調理方法は詳しいです。

この野菜は天婦羅にしたら最高よ!
お味噌汁にしたら合うのよ!
などなど

大人でも楽しめます。

この記事のまとめ

如何だったでしょうか?

この記事では野菜嫌いを治した我が家の方法として無人販売の活用をご紹介しました。

・無人販売の野菜は子供も好き
・無人販売で野菜に触れる

直売所に行ってみては如何でしょうか?

近年『鎌倉野菜』など地場の野菜が有名ですが、高いお金を払わなくても採れたてであれば子供は野菜を好きになってくれます

また、近くに直売所がない場合は通販でも農家から採れたての野菜を直接入手する事が出来るので活用してみてください。



特にお薦めなのがオイシックス・ラ・大地という通販ですが、契約農家から安価で採れたての野菜を購入する事が出来ます。

とくに野菜嫌いのお子さんに評判です!!

・野菜スープを何度もせがまれる!
・届いたばかりの野菜を食べられた…
・子供が驚くほど食べてくれる
・親も味の違いを実感
・レシピが付いてて子供と料理!!

などなど

また、1,980円のお得なお試しセットがあり、今申し込むと3,000円相当の特典が貰えるのでとてもお薦めです!

HPを詳しく見る

親御さんも子供と一緒に頑張りましょう!