【必読】パチンコ継続率の仕組を図解で徹底説明 爆発の波を掴みきれ‼

スポンサーリンク
パチンコ攻略全般

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

昨今の規制で継続率が低減し、当選しても数連で終了というケースが増えています。

ここでは継続率の本当の仕組みと、その特徴から爆連を手繰り寄せる方法をご紹介します。

パチンコで当たっても単発しかこない…本当に引きが弱い!…という方は必見です。

3分で読める様まとめてます。

 




継続率とは

継続率は何を意味しているのでしょうか?

一般的な解釈は、当選数が続く確率です。

継続率が65%ならば「当選時65%は継続してくれそう…」と曖昧なものです。

単発がある一方で10連以上の爆発もあり、相対的な確率として説明されます。

イマイチ納得できてないんだよ!
ガンツ
ガンツ

 

多くの方は仕組みを理解していません。

実際、あまりにも単発や数連で終了するケースが多いのは何故でしょう?

継続率の本当の仕組みをご説明します。

単発・数連が多い理由

継続率の本当の姿を説明します。

ポイント
当選数は小出しにされている

一度に大当たりを放出することもありますが、殆どの場合、プログラム的に大当たりは複数回に小分けされているのです。

図で見てみましょう。

内部確変時の当選履歴で、数字は各回の当選数を示しています。

継続率に合致しない数連が並んでいます。

しかし、総数をみてください。

ケンペイタ
ケンペイタ
継続率に沿って20回の当選数が抽選されているんだよ!

ポイント
→継続率に沿った抽選はされている
→→しかしその大当たりは分割されている

上図では、本来、青色部分で継続率に即した20回の当たりを引いているのです!

それを強制的に小分けしています。

 

単発や数連が多いのはこの仕組みのせいね!
ケン娘
ケン娘

個々の当選数を見ている限り継続率が合致する事はありません。

ご理解頂けましたか?

〆参考記事
パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

内部確変がどれだけ継続するか?

継続率の低下により様々な影響が出ています。

内部確変がどれだけ継続するかを現行機とMAX機で比較してみます。

 

上図の青色矢印はMAX機時代、赤色矢印は現行機の当選引戻しの範疇です。

青色矢印では合計7回の当たりを引き戻している一方で、赤色矢印では4回の引戻し短くなっております。

ポイント
→継続率の減率に伴い当選数が減少
→→それに伴い引戻し回数も減っている

20回の当選数が15回に目減りすれば分散できる回数も減るという事です。

こんな所にも影響してるのね!!
ケン娘
ケン娘

現行機が以前より勝てないのをご理解いただけるかと思います。

 



攻略ポイント①

攻略ポイントです。

当選回数が減少する中、勝負すべき台を見極める必要があります。

ポイント
→連荘(爆発)した台は打たない!

具体例を見てみましょう。

 

上図は内部確変中に11回連荘しています。

総当選数を仮に20回と想定した場合、それ以降の当たり数は5回となります。

今回は、5つの当選数が3回の当たりに分散され単発、2連、2連という結果になっています。

この様に一度でも連荘をしていると当選数が残っていないケースが多いのです。

爆発の後は焼け野原ってことだな!!
ガンツ
ガンツ

実際こんなケースがありました。

夕方、あたり0回、397回の台です。

367→397回転で大当たりです。

rushには入らず終了です。

左から4番目で内部確変に入っています。

既に17回の当たりで焼け野原です。

少し夢を見ましたが大当たりが残っているわけもありませんでした…

こうやって見極めればいいのね☆彡
ケン娘
ケン娘

 

ホールを見渡すと対象の台は結構あります。

それらの台を投資対象から外すだけで絞り込みがかなり行えるはずです。

攻略ポイント②

継続率の特徴を活かせば狙う台が見つかります。

ポイント
→連荘(爆発)してない台を狙う

逆に内部確変に入ったものの、単発、数連しかきていない台は連荘の可能性が残っています。

爆発する可能性を残した台に投資を行います。

具体例を見てみましょう。

夕方、あたり6回308回転の台です。

左から4番目で内部確変に入っています。

4回の初当たりでは大きな爆発はしてないので、もう少し当たりが残ってるかも⁈

308→324で当たり入ってました!!

rushに入り5連でしたが低投資なので十分です。

この様に低投資が成立します。

注意すべき点

攻略ポイントの例外もあります。

連荘した台がその後も連荘を繰り返すかは機種により、暫くデーターを取れば特徴が掴めます。

図で見てみましょう。

青マスでは少ない当選数に終わり、オレンジマスで一気に当たりを放出しています。

北斗無双、ダンバインがこのタイプです。

このタイプはある程度の連荘をしている台に敢えて投資するのも攻略ポイントです。

機種による癖があります。

ケンペイタ
ケンペイタ
データーを集めてから投資してください♪

機種の癖が見えるはずです。

まとめ

いかがでしょう⁈

継続率の仕組みをご理解頂けましたか。

この仕組みは公に発表されていませんが、10年以上のデーター収集より顕著に表れています。

無暗に台を選んでいると単発しか引けません。

まさに俺のことだな!
ガンツ
ガンツ

周りは爆発しているのに自分だけ単発…

ケンペイタ
ケンペイタ
これを引きの強さではありません!

状態を見極めてないからです。

この特徴を知ってからは単発を引く確率は大きく減りました。

台を選ぶときは内部確変中に爆破していないかをチェックする様にしてください。

ぜひ参考にしてください‼

攻略関連はこちら

アクセスがかなりあります

・記事①:内部確変の詳細
→パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

・記事②:鏡の法則の詳細
パチンコ雑誌が絶対に書かない狙い目の回転数に秘められた法則

・記事③:台の反応の見極め方法
パチンコのうざい煽り演出から当たりまでの距離を知る方法

記事④低投資の攻略全般
攻略本が絶対に書かないパチンコに低投資で勝利する方法 まとめ




 


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました