パチンコを嫌いになった方がいつでも辞めれるし勝てるよ‼




こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

近年のパチンコ規制により出玉率は抑えられ、ホール有利の状況が続いております。

この様な状況であればパチンコを辞めるものですが、依存症は簡単には辞めさせてくれません。

ここではパチンコを嫌いになって、冷静な心を維持し、投資に集中する方法をご紹介します。

月何十万も負けているのにホールに向かっている…辞めると決心したのに3日後にはホールにいる…という方は必読です。

3分で読める様にまとめています。


パチンコが嫌いな方が勝てる

パチンコは嫌いになった方が良いです。

「嫌いになる?!」と言われると不思議に思う方も多いかと思いますが、これ実は重要です。

なぜなら、パチンコを嫌いになった方が冷静に台を選べる様になるからです。

〆ポイント
舞い上がっていては冷静な投資が出来ない

パチンコで年間勝ち越すには、このブログでも記事化している通り、台選びが大変重要となり、適当に台選びをしていては勝てません。

実際、自分は「内部確変」や「狙い目の回転数」の台が空くまで無駄な投資は一切行いません。

待つ時は平気で30分掛けます。

ケンペイタ
ケンペイタ
これ出来てますか?

多くの方は難しいのではないでしょうか?

入店したらすぐ打ってる!
ガンツ
ガンツ

「良い台が無ければ帰ろう!」と入店するものの、気付けばいつの間にか席に座り、何万も投資しているのではないでしょうか?!

ホールで流れを観察していると、大半の方は入店後10分以内には打ち始めているのが現状です。

この様に勘に頼って台選びをしている為、8~9割はパチンコで負け越しているのです。

パチンコを嫌いになってください!というのは極論ですが、冷静な立ち回りを実行する為にも、パチンコ欲を抑える事が重要です。

次に欲を抑える方法を見てみましょう。

好きなだけ打って飽きる事が重要

欲を無くす為にすべきは2点です。

〆ポイント
兎に角、好きなだけ打つ!
パチンコの悪い面に意識を向ける

まず①ですが、多くの方は、好きなだけ打って良いの?!と驚かれるかもしれません。

しかし、ダイエットと同じで我慢すると、抑え込んだ反動が大きくなりリバウンドします。

実際、負け越したりすると、暫くは打つのをやめよう!と思うものですが、溜め込めばその反動が大きくなるのが人間心理です。

結果的には、暫く我慢をしたものの、その反動で以前よりも多額の投資を行ってしまうのです。

自分も20代の頃は負け越すと暫く間を空けるものの、その反動で何万も投資していました。

ケンペイタ
ケンペイタ
これを治すのが逆療法です

もちろん、好きなだけ打つ代わりに、ある条件を守っていただく必要があります。

それは、体調が悪くても、仕事で疲れて気分が乗らない時でも、必ず週4回以上はホールに行ってパチンコに触れてください。

〆ポイント
疲れていてもパチンコを打つ

初めは打てる事が嬉しくたまりませんが、徐々に疲弊感が重なり打つのが億劫になってきます。

「ホールに行くのが面倒…だな」と少しでも気持ちに変化があれば、効果が出ている証拠です‼

お金が無くてムリ!という方もいるかと思いますが、その場合は4円ではなく、1パチでもゲームセンターでもいいです。

次にもう一つのポイントを説明します。


 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 



パチンコ
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部