ぱちんこCR真・北斗無双2(第2章) 狙い目の台はこれだ!

パチンコ機種別攻略
Pocket

2018年9月に「ぱちんこCR真・北斗無双 第2章」が導入されました。

新基準機へ移行の中、高い継続性と出玉数でホールを支えてきた人気機種の第2弾が登場という事で期待値も導入前から高い台です。

しかし、稼働後の評判はイマイチですね…

シンプルだった演出がくどくなっていたり、当選しても潜伏があったりと、よくもここまで無双を劣化させられるなと、驚く出来です。

正直、ホールでデーターを収集し、ブログに攻略記事を掲載するか迷いました!

ただ、導入台数は8万台を超え、爆発力はそれなりにある為、ホールもすぐに撤去は行わず、ある程度長いお付き合いになると思い、今回データー値を分析しました。

ここでは低投資で北斗無双2を攻略すべきポイントを説明させていただきます。




PV

※画像供給:SammyCorporation

スペック

大当り確率 約1/319.7→約1/43.5
確変突入率 65%
賞球数 4&1&3&15
ラウンド 16R or 4R or 2R
カウント 10カウント
出玉 約2400 or 約600個 or 約90個
※払い出し
電サポ 30回 or 50回 or 70回 or 100回

 

大当り割合
ヘソ ラウンド 比率
4R確変 65%
4R通常 35%
電チュー ラウンド 比率
16R確変 65%
出玉なし通常 35%

以上が今回のスペックです。

今作で注目したいのが前作のSTから仕様を大きく変えてきた点です!

STと確変タイプでは遊び方が変わるだけでは⁈

いえいえ…

低投資の勝負法「内部確変」が一気に狙いやすくなります!!

STの場合は確変中の大当たり確率が大きくなり、その分内部確変時の天井が高くなる為、狙い目の回転数の見極めが難しくなります。

一方、通常の確変タイプは、大当たり中の当選確率が低くなる為、それに比例して天井が下がるので狙い目の回転数が絞りやすくなるんです!

「内部確変」の知識が無い方はこの記事をまず読んでください

※パチンコのカラクリが分かり、これまでの認識が180度変わります。

CR真・北斗無双 2の天井

ずばり書きます!

北斗無双 2の天井は365回転です。

つまり、内部確変に入っていれば365回を天井として浅い回転数で当たりを繰り返し、逆に365回転を超えている台は通常の状態で1/319の当選確率になっていると言えます。

なお、1つ注意してください。

ここで言う、『内部確変とは潜伏台を拾おう!』などと言っているわけではありません。

潜伏機能がある台の場合、潜伏確定を知らせる印が画面内に表示されますが、その表示を知らずに台を捨てる人が稀にいて、それを狙う行為をハイエナと呼びます。

これは今回の潜伏確定の画面です。

こんな状態の台なんてめったに捨てられていませんし、このブログで紹介している法則を知れば、一般に言われるハイエナ行為は不要なので、混同しない様、ご注意ください。



CR真・北斗無双 2の狙い目

データー履歴を見てみましょう!

様々なグラフが描かれていますが…

あります!あります!

北斗無双 2のシマを見ていると綺麗に内部確変のグラフを描いている台が2~3台あります!!

写真だと見づらいので図で書くとこんなイメージです

水色が内部確変に入る切っ掛けです。

その後、緑色のグラフが示すように赤い矢印を天井として、当たりを繰り返しています。

狙うべき台は「内部確変」のグラフを描き、365回転以内の台

 

実際、こんな台を拾ってみました。

340回転で捨て、投資2Kの364回転で大当たり!

その後、9連し1万発オーバーを獲得しました!!

CR真・北斗無双 2の注意点

CR真・北斗無双 2は前作同様、爆発する台としない台が明確に分かれます。

その特徴の一つが履歴に現れます。

爆発台は内部確変の状態が長く続きます

下の図で言うと爆発台は赤いラインが長く続く傾向にあり、当選数に波があるものの、その何処かで大きな爆発をしています。

一方、爆発しない台は内部確変に入ってもその継続が短いのが特徴です。

実際、内部確変が短いスパンで終了した場合、通常の当選確率で当たりを引き戻すものの爆発はせずにその日を終える傾向が目立ちます。

爆発台は内部確変に入った状態が長く続き、その中で大きな爆発をする傾向がある


よって、狙うなら内部確変状態が続いているものの、まだ大きな爆発をしていない365回転までの台を狙い、365回転を超えたら、他の台にターゲットを切り替えるのが得策です!!

まとめ

前述した通り、CR真・北斗無双 2の演出面の出来はあまり良くはありません。

しかし、今冬までこの台に替わる台は今のところ見当たらず、ある程度の期間はホールに設置され続けると思います。

そう言った点を考慮すると、演出面は目をつぶり、天井が今ある台の中では比較的低い部類であることをこの台の売りと考え、低投資で付き合うのが良いのかと思います。

参考までに書くと、「真・花の慶次」は天井が460回転です。460回転を天井として当たりを繰り返す為、台の絞り込みも本当に難しい台でした。

その点、CR真・北斗無双 2は365回転で当たりを繰り返し、鏡の法則も適用されてますので狙いやすい台かと思います。

 

※鏡の法則の詳細はこちらの記事で紹介しています!

 

条件に合わない台は無理して打たない!のがパチンコで勝ち続けるコツだと思います。

ぜひ、参考にしてください!




 

 

パチンコ機種別攻略
【狙い目の台はこれだ‼】CR真 花の慶次 2

こんにちは。 麒麟倶楽部へようこそ。 昨今のパチンコ規制の影響から継続率が大幅に下がり中々勝てる台が …

パチンコ機種別攻略
【狙い目の台はこれだ!】CRぱちんこ 北斗の拳7 転生

こんにちは。 ここではCR北斗の拳7_転生を攻略すべきポイントを説明します。 稼働から月日が経ちまし …

パチンコ機種別攻略
CR百花繚乱 サムライブライド  狙い目の台はこれだ!

こんにちは。 狙い目の台はこれだ!へようこそ。 この記事では、低投資で当たりに辿り着くために、内部確 …