【決定版】パチンコのうざい煽り演出から当たりまでの距離を知る方法が凄すぎる!



こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

最近の演出って派手で煽りが酷いですね!

ここではうざい演出に惑わされることなく、低投資で当りに結び付ける方法をご紹介します。

この記事で得られる情報。

・パチンコの演出構成のつくり(しくみ)
・パチンコの演出の種類
・パチンコの演出から当たりまでの距離
・演出面からみた投資攻略法

この台駄目?!とリリースした台がその後爆連…数万投資したのに熱い演出がなかった…という方は必読です。

パチンコ演出には法則があり、把握する事で当たりまでの距離が掴めます。

3分で読める様まとめてます。


パチンコ演出の仕組みを見てみよう

パチンコは人間心理を追求し作られてます。

効果音・電飾などで心理的な働き掛けをしてきますが、影響が大きいのは【演出】です。

・熱い演出を外せば追いかけたくなる
・もう少しで熱い演出がくる?!と思い込む
などなどです。

ケンペイタ
ケンペイタ
都合良く考える事こそが人間心理だよ。

メーカーはそうした心理を研究していると言われています。

そして、どのタイミングでどの演出を見せれば打ち手を興奮させ、より多くの投資を行うかを知っています。

中毒性は意図的に作られているのです。

怖いもんだね!
ガンツ
ガンツ

しかし、その傾向を把握出来たら?

台がどの様な状態かを把握出来る?
ケン娘
ケン娘

その通りです。

具体的に見ていきましょう。

演出の構成パターンを見てみよう!

パチンコには台本があります。

一般的には全ての演出はランダムに発生していると考えられがちです。

しかし、機械がランダムに演出を発生していては、とんでもない事になってしまいます。

・常に役物が動いている
・一日なんの演出も来ない
・激熱演出しか来ない
など

そこにはもちろん、どのタイミングでどの演出が登場するかを決めた、プログラムが存在しています。

それがパチンコの構成台本となります。

図で見てみましょう。

演出は3パートで構成されます。

1)熱い演出が発生しないパート(水色)
2)熱い演出が発生するパート(オレンジ)
3)激熱の演出が登場するパート(赤)

分かりやすく流れを説明すると、1)→2)→3)と進行し、また1)に戻ります。

尚、この流れは多少メーカーにより癖があり、1)→2)→3)→2)→1)などの流れもあります。

もしくは、1)のパートが短く、全体的に1)~3)が短期間に発生するものなど、作り手の考えにより構成が変わります。

人気機種などは、この1)~3)の構成バランスが上手くとれているものがやはり多いです。

派手に作りすぎても飽きられるのが早かったり、派手な部分を少なくしたら地味で人気が出なかったり、結構、むずかしい部分となります。

さらに詳しくみてみます。

3パートの特徴はこんな感じです!

パートごとの特徴を演出面から見ていきます。

1)から順番に見てみましょう。

このパートでは、当たりに絡む演出がほとんど発生しないの一番の特徴です。

・保留が変化しない
・疑似演出が成立しない
・リーチが成立しても発展しない
などなど

キャラクターの無意味な会話が画面上で永遠と続くだけで、淡々と回転数が消化されていきます。

ケンペイタ
ケンペイタ
この部分に投資するのはナンセンスです。

続いて、2)のパートです。

このパートは当選への前振りとなる為、比較的、熱めの演出が頻繁に登場します。

・期待出来る演出が絡む(単体が多い)
・SPリーチに発展する
・保留が変化し、疑似連も良く成立
・煽り演出が成立する
などなど

 

仕置人の場合なら、1)では成立しなかった煽り演出が、しっかり成立する様になるイメージです。

ケンペイタ
ケンペイタ
ここには投資を集中させたいですね!

最後に3)のパートの特徴です。

このパートは機種の看板演出が絡んだリーチが発生します。

・ゼブラ、麒麟などの柄系
・役物が絡む激熱
・背景変化
・群
などなど

ここは構成の中でも一番短いパートとなっており、上記の演出が2~3回出現するかどうか?!というイメージです。

当たりへの分岐点となるパートであり、勝負どころでもあるので、決めておきたいところです!

機種により異なるものの、パートごとの演出特徴は概ねこんな感じで構成されています。

尚、構成比率はどの様なものでしょうか?

詳細に見ていきましょう。

各パートの構成比率を見ておこう!

3パートの構成比率についてです。

数年前からマンネリ防止の傾向として、演出は増加し、派手になりつつありますが、構成比率に大きな変化はみられません

グラフの通り、もっとも退屈な1)のパートが半分以上の割合を占めています。

一方、大当たりに絡む2)3)の割合は、演出が増えても、半分に満たない割合です。

なお、この構成比率がバランスよく上手に作られている機種は人気が出ます。

逆に、構成バランスが悪く、くどい演出が多発したり、静かで退屈な機種は人気を得る事なく、早々にホールから撤去となるケースが多いです。

激熱パートって少ねえな!
ガンツ
ガンツ

まさにその通りです!

この構成を知らない方はとても損をしています。

永遠とキャラクターの無駄な会話を聞きつつ、「静かだな…」とお金を投資し続けているのです。

または、「静かだから、そろそろ熱いのきそう!」と、とても前向きに我慢し続けるのです。

これ、俺の事じゃね…
ガンツ
ガンツ

パチンコは誰かが損をするから成立します。

よって、この様なパートでも誰かにお金を落としてもらうしかありません

しかし、この構成を把握していれば、無駄なパートを避ける事が可能だともいえます。

実際、他の諸条件が合ったとしても、演出に動きがなければ、自分は投資をその時点で中止します。

ぜひ、ホールでぼーっとせず、演出がどの様な状態にあるか?!を把握する様にしてください。

次に対処方法です。



▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部