【必読】パチンコ大当たり数に秘められた仕組を解き明かそう

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

ぱちんこの台選びってむずかしいですよね。

大型店になれば大量の台が立ち並ぶ中から、投資すべき台を選ばなければならないので、台選びがむずかしいのは当然です。

そんな中、15年以上収集したデーターを元に、どのポイントを見て台選びをすれば良いのかを紹介していきます。

台選びはいつも感に頼っている‼打つなら角台と決めている…など何の根拠もなく台選びをしている人は必見です、勝率が必ず改善します。

3分で読める様まとめています。


データーロボを活用しよう

台選びの基本から説明していきます。

最近はどの台にもデーターロボが設置されてます。その中には前日や現時点までの大当たり数が表示されていて、みなさんの中にも、大当たり数の履歴から台の好不調を判断し、投資台を絞る方もいらっしゃるかと思います。

ただ、実際には好調と思われる台が全く爆発しなかったり、逆に不調とみて避けた台が爆発したりと、なかなか好不調の波を読み切るのは難しいのが現状です。

しかし、長年データーロボの数字を収集していると、大当たり数の履歴に幾つかの傾向がある事に気付きます。それも、その傾向は気づけばとてもシンプルで、誰でも台選びに活用できるものばかりです。

ポイント
データーロボの履歴には一定の法則がある

注意を払わないと傾向は気付きにくいものですが、一旦、パターンを把握すれば誰でも簡単に活用が可能です。

ここでは3つのパターンを法則化したものをご紹介します。

・大当たり数~鏡の法則
・差分大の法則
・ビリッケツの法則

これらを見ていただくと、パチンコが抽選など行ってなく、すべてがプログラムで管理されている事をご理解頂けると思います。

具体的に見ていきましょう。

大当たり数~鏡の法則とは⁈

まずは最も分かりやすい法則です。

データーロボの当日、前日、前々日の大当たり数を見ます。

一見それらの数字にはなんら関連性が無い様に見えますが、傾向として、当日の大当たり数が、前日の数字に近しい数字の台は夕方以降それ以上伸びない!傾向があります。

ポイント
前日・前々日の大当たり数は要チェック

つまりは、対象となる台に投資し続けても、プログラム上当たりが上積みされることは無い様に管理されているのです。

これを大当たり鏡の法則と呼んでいます。鏡の前のものが左右対称に写り込むように、大当たり数が同数でなら並んでいる状態を指します。

例えば、夜の時点で大当たり数が10回の場合、前日が10回であれば、その日の大当たり数は10回に近しい数字に落ち着くというものです。

本当かよ?!
ガンツ
ガンツ

はい、夜という条件があるものの、これまでのデーター上8割近くは法則が適用されています。

もしくは、本日=前々日の数値が近しい場合も同様です。本日10回、前日23回、前々日10回の場合、その日はそれ以上の上積みが期待できず、10回で閉店となる事が傾向的に多いのです。

その他の法則も見ていきましょう。



ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!(もしくは収集したデーターどの様に分析して良いかが分からない…)、新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

なお、今回の内容はブログの核心に匹敵するものとなっており、常日頃、麒麟倶楽部をご愛顧いただき、記事の内容に納得頂けた方のみにお届けしたいと考えており、有料とさせて頂きました。

■販売価格:
●3つの方程式→2,980円

ご購入をご希望の方は上記バナーをクリック頂くかここから購入ページに移動することが出来ます(ページ移行後、即購入ではありませんので気軽に覗いてみてください)。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けるはずです‼ぜひ、ご検討ください。

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部