【必読】パチンコで大当たり数の仕組を知れば勝率が改善する2つの理由

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

ぱちんこの台選びってむずかしいですよね。

大型店になれば大量の台が立ち並ぶ中から、投資すべき台を選ばなければならないので、台選びがむずかしいのは当然です。

しかし、大当たりを見れば、打つべき台か⁈どうかを見極められる、って知ってますか?

ここでは、長年収集したデーターを元に、大当たり数の仕組みと、大当たり数のどこを見れば良い台を見つけ出せるか⁈をご紹介します。

台選びはいつも感に頼っている‼打つなら角台と決めている…など何の根拠もなく台選びをしている人は必見で、勝率が必ず改善します。

3分で読める様まとめています。


パチンコの大当たりの仕組みを知れば勝率改善?!

パチンコの大当たり数についてです。

この記事のテーマである、パチンコの大当たり数の仕組みを知ると、なぜ勝率は改善するのか?その理由がわかりますか⁈

結論から言うと、一見、何の法則性もない様に見える大当たり数ですが、実はある一定の法則性を持っているのです。

よって、その仕組み(法則)を把握すれば、台選びの際に無駄な投資を減らし、勝率を高める事が、誰にでも簡単に出来る様になります。

〆投資概念
・データー分析から法則性を見出す

ケンペイタ
ケンペイタ
僕の投資概念の基本です

ここで少し投資概念に触れておきます。

最近はどの台にもデーターロボが設置されてますが、そこには前日や現時点までの大当たり数が表示されているのはご存知だと思います。

みなさんの中にも、データーロボの履歴から台の好不調を判断し、投資台を絞る方もいらっしゃるかと思います。

なかなか読みが当たらない…
ケン娘
ケン娘

そうです、好調と思われる台が爆発しなかったり、不調とみて避けた台が爆発したりと、好不調の波を読み切るのは難しいものです。

しかし、それはデーターを収集、分析していないだけで、調べれば一定の法則に気づくはずです。

ポイント
データーロボの履歴には一定の法則がある

注意を払わないと法則(傾向)は気付きにくいものですが、一旦、パターンを把握してしまえば、ホールで誰もが簡単に活用が可能です。

これが投資概念の概略です。

では、話を大当たり数に戻しますが、実はこの部分にも幾つかの傾向(法則性)があります。

法則は3点あります!

・大当たり~鏡の法則
・差分大の法則
・ビリッケツの法則

つまりは、大当たりの仕組み=制御プログラムの仕組み、となっており、ここを活用する事で、大きく勝率を伸ばすことが可能となります。

では順番に見ていきましょう。

パチンコの大当たりの仕組み①

まずは最も分かりやすい法則です。

【大当たり~鏡の法則】はデーターロボの当日、前日、前々日の大当たり数を見る様にします。

ここから分かる事は、大当たりが既に入っているか⁈いないか⁈を簡単に判別する事が出来ます。

ケンペイタ
ケンペイタ
とても便利です
ポイント
前日・前々日の大当たり数は要チェック

法則としては、当日の大当たりが、前日、もしくは前々日の数字に近しい場合はそれ以上伸びない!という、とても分かり易い内容です。

具体例でみてみましょう。

夜稼働の際、上図の様な大当たり数を示している台があったと仮定しますが、この台は95%の確率でこの後爆発する事はありません。

黄色〇の部分を見てください。

当日10回、前日10回で数値が同数となっており、この場合、ほぼ前日に近しい数値で稼働が終了する傾向が強く見受けられます。

もしくは、当日10回、前々日10回でも同じ様な法則性を確認する事が出来るはずです。

つまりは、上記の台は種なしです!

これらの台にいくら投資をしても、プログラム上、更なる上積みが制限されているので無駄です。

これを、鏡の前のものが左右対称に写り込むように、大当たり数が同数でなら並ぶ状態を【大当たり~鏡の法則】と呼んでいます。

朝一~昼間は台に動きが無いので、この法則を適応しにくいですが、夜からの稼働なら、とても役立つので、是非覚えておいてください!

その他の法則も見ていきましょう。



 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部