【3分でわかる】知らないと勝てないパチンコ新基準機の実態

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

パチンコ規制の影響によりMAXタイプが市場から淘汰され新基準機に入替りました。

巷では新基準機になってから「勝てない…」という悲鳴にも近い声が聞こえてきます。

この記事ではパチンコ業界が絶対に公言しない新基準機の実態を説明します。

新基準は当たり易くなると聞いていたのに…MAX機より明らかに負けている…という方は必読です。

10年以上パチンコのデーターを収集してきた中で新基準機の怖さが浮き彫りになりました。

3分で読めます。

新基準とは?!

まずは新基準とは何か?!です。

数年前まで人気だったのがMAX機です。

MAX機の特徴:
・最大80%の継続率
→一撃で大量出玉を得られる

実際、数万投資してもその倍の見返りを得られることが多々あり、高い支持を得ました。

しかし、当選確率が最大1/398と高く、ギャンブル性が問題となりパチンコ規制へと繋がりました。

結果、市場から淘汰されることとなりました。

そこで登場したのが新基準機ですね☆彡
ケン娘
ケン娘
新基準の特徴
1)当選確率は1/319が上限
2)継続率は65%以上は禁止

つまり、初当たりを取り易くして遊戯性を高めましたよ~!いうのが業界の言い分です。

これ納得いきますか⁈

継続率の低減は誰しもが痛感していると思いますが、初当たりを取りやすいですか⁈

まったく当たらん!
ガンツ
ガンツ

下手するとMAX機より初当たり引くのに投資が増えていると感じる方が多いのではないでしょうか。

そうです、業界の言い分は真っ赤な嘘です。

収集データーをみるととんでもない事実が浮き彫りになりましたので、具体的に見てみましょう。

新基準機の怖さ!

新基準機は本当に怖いです。

業界の説明をまともに受けると、良い様に喰いものにされるので注意です。

どこが危険なの⁈
ケン娘
ケン娘
ポイント
→内部確変時の天井が上がっている

※初めてブログ読む方はこの記事を参照。

たしかに初当たりはMAX機に比べ、嵌りの割合が減ってはいますが、一般的に知られていない内部確変時の天井を大幅に上げているのです。

これは減り続ける遊戯人口分の減益を補う為に、意図的に仕組まれたと考えられます。

具体的に見てみましょう。

具体例

MAX機『CR花の慶次~漢』です。

この機種の天井は320回転でした。

データーロボの履歴では下図となります。

320回転を天井として少ない回転数で当たりを繰り返しているのが分かります。

では、新基準として登場した『CR花の慶次X~雲のかなたに』はどうでしょう?!

数値を収集していて驚いたのを覚えてます。

なんと天井が460回転です。

ポイント
新基準では天井が100以上高い

話題作として登場したものの当たりが重いとの声が多く、早々にホールから消えたのも頷けます。

これは一例ですが新基準は当たりが重いです!

次は新基準機の対処法です。

新基準機への対応

新基準への対応法です。

ポイント
→1台に粘る時代は終わった
・出玉を確保したらリリース
・狙い目の回転数を絞り込んで低投資

1台に粘っていては勝てません。

天井が高いので今までの様に追い切ろうとすると、途中で軍資金が途絶えます。

ブログで紹介しているチェックポイントで台を絞り込み、目標の回転数まで低投資する事が重要です。

上記『CR花の慶次』を例として挙げみましたが、その後登場する機種も総じて天井値は高めです。

いわば、これまでは確変が終了しても、少ない回転数で次の当たりを引くことが出来ていました。

しかし、新基準では内部確変でも、次の当たりが重いので、粘っていては投資が嵩むだけです。

改めて図で見てみましょう。

上のグラフは緑色のMAX機の履歴にオレンジ色の新基準の履歴を被せてみました。

平均して100回転以上引き上げられているのを、ご理解頂けますか⁈

より多くの投資を強いられているってことか!!
ガンツ
ガンツ

新基準への移行により減少する打ち手を補填する為に既存客に負担を課しているのです。

実際、100回転増となれば4円であれば1万円は負担が増え、その分がホールの収益となるのです。

粘っても軍資金が吸いつくされるが関の山です!

まとめ

如何でしょうか⁈

新基準で勝てないのは継続率の低減だけでは無いことをご理解頂けたのではないでしょうか。

業界の言う事を鵜呑みにしては駄目です。

過去にない厳しい時代の到来です。

業界も年々減り続ける打ち手を補填する為に本当の事は絶対に明るみにしません。

逆に雑誌などの繋がりを通じて、あたかも楽しめるイメージを作り出してきます。

しかし実態は逆なのね…
ケン娘
ケン娘

MAX機の撤収を機に投資方法を変えるべきです。

ぜひ参考にしてください。