パチンコで朝一から勝負する際に狙いたい2つのポイント




パチンコの朝一稼働で注意すべきポイント

朝一稼働で注意すべきポイントです。

前項で狙うべき台のポイントを説明しましたが、内部確変で終了した台が翌日もその状態を維持しているか⁈は注意してください。

なぜなら、ラムクリアを細目に行うホールの場合、前日のデーターは消去され、前日のデーターが引き継がれないからです。

閉店時に電源を落としますが、これは筐体表面の電気を消すだけで、データーはPCと同じでリセットされずに保存されています。

 

内部確変が引き継がれる保証はない

 

具体的に図で見てみましょう。


▲引き継がれていれば綺麗にグラフを描きます。


▲データーが引き継がれないホールの一例

この点は皆さんが使うホールにより傾向が異なるので、朝一の段階で内部確変の履歴の動向を収集する様にしてみて下さい。

また、仮に内部確変が繰り越されるホールであっても注意は必要です。

たとえば、プログラム的に内部確変が終了している場合、データーの繰り越し有無の前に上記の履歴になる事が多分にあります。

 

鏡の法則が適用されるのは3~4割

 

つまりは、天井が高い台などはプログラム上内部確変にあるものの【鏡の法則】が適用されないケースがあるので注意です。

内部確変の天井についての詳細はこちら

パチンコ「鏡の法則」の詳細はこちら

 

適当に台を選んでたら抽選で早い番号引いても無意味ってことね…
ケン娘
ケン娘

 

実際、僕は朝一からの稼働でも常に【低投資】を心掛けているので、0→400回転を回すような事はしません。

上図のような1~100回転に当たりが含めれていそうな台に絞りつつ、鏡の法則で目標回転数を決めて投資しています。

ケンペイタ
ケンペイタ
これなら数千円でも十分に勝負することが可能です!パチンコは深追いすると取り返しが効かなくなるので少ない投資で勝負するのが一番です。

続いて朝一の実践報告です。

パチンコ朝一稼働の実践報告

僕は朝一でも【低投資】は崩しません。

朝一稼働では低投資で勝負可能そうな台を履歴を見ながら絞り込んでいます。


▲朝一100回転以内に5連引いた写真です。

前日大嵌り後に100回転台で大当たりを引いて終了した台がうまくヒットしました。

0→10回転の投資0.5Kで大当たり


▲さらに5連→17連を引き戻しです。


▲履歴も投資概念が適用されています!


▲内部確変が引き継がれていました!


▲結果、0.5K投資で93.5K換金です。

この様に朝一からでも台選びを行えば、何万円も使わずに十分に勝負が可能です。

ボーダーばかりを気にして朝一から台にベタ付きして打ち続けるのは非効率的です。

考えを改めてみては如何でしょうか?

この記事のまとめ

如何だったでしょうか?

この記事ではパチンコの朝一稼働で狙うべきポイントとその注意点を説明しました。

朝一から抽選でよい番号が取れても、狙うべきポイントを知らないと勝てない事をご理解頂けたのではないでしょうか?!

ケンペイタ
ケンペイタ
ただ、朝一は午後~夕方に比べてデーターロボから得られる情報が少ないです。よって、リスクはそれなりに大きいと思います。できれば午後一、もしくは夕方など人の入れ替わる時間帯が、台の動きも見れるのでおススメです。

 

夕方からの稼働であれば、台の状況などから、ホールが出しているか?投資すべきか⁈を判断することが出来ます。

よって、朝一からの稼働であればここで紹介したポイントを活用して無駄な投資をだらだらと行わない様に心掛けてください。

なお、この記事では投資概念の一部を絡め狙うべきポイントを説明しましたが、実際には複数の概念を絡めています。

もし、他の投資概念を習得したい方は、ブログを精読するか「最速マスター ケンペイタ流 投資概念」を活用ください。

長年のデータ収集と分析からパチンコの法則性を見出し傾向をまとめています。

頑張っていきましょう!

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。








パチンコ