パチンコ

【鵜呑みにしてると大変!!】パチンコはボーダー理論だけでは勝てない理由とその対策

ボーダー理論だけで勝てない理由

ボーダー理論だけで勝てない理由です。

前項で20代の頃の稼働状況をご説明させて頂きましたが、随所に「負けるべくして負けている」のをお判りでしょうか?

勿論、ボーダーは意識していました。

僕もデータを収集するまでは分かりませんでしたが、大半の方がこの時点では理解できていないのではないでしょうか?

では順を追って説明していきます。

ボーダーだけでは駄目な理由 その①:稼働時間(1)

ボーダー理論だけで勝てない理由です。

その一つは稼働時間にあります。

一般的にパチンコは完全抽選でいつ打っても同じ条件(確率)で抽選が行われていると思われがちですが大きな勘違いです。

実際には大当たり数はプログラムでしっかり管理されており、夜は大当たりが出尽くしている状態が圧倒的に多いのです。

最強ツール‘’サイトセブン‘’がおすすめ

詳細は『【正直どう?】サイトセブンを3年間使用してきた本音レビュー|評判まとめ』をご覧ください。

2021年時点で最も手軽で優良な情報を入手できるのでおススメします。

今なら、10日間無料で利用できるお得なキャンペーン開催中なので無敵です!!

つまり、平日夜の稼働はやめるべきです。

これは誰にでも確認ができます。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
新台稼働時に閉店間際に出向き、データロボの履歴で爆発がどのタイミングで発生しているかを1週間見続けてください。平日の夜は滅多に万発など出ていないのが分かるはずです。

 

大半の大当たりは朝~夕方で出尽くしており、夜からの時間で発生する大当たりは極限られた割合である事に気づくと思います。
(ここで云う大当たりは5千発が基準)

もっと時間帯別の当選率の詳細を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

今は平日夜は打たずにしっかり当たりが残っている休日の午前中に打つことが多いですが、朝打つ際はこの記事がお薦めです。

 

ボーダーだけでは駄目な理由 その②:稼働時間(2)

平日の夜稼働を避けるべきでした。

夜の大当たりが少ないという実態を確認する術はデータロボの履歴以外にも、当選率=当選者÷客数という数値で見る事が可能です。

この数値を平均すると一つのシマで約2割という数が叩き出せるかと思いますが、夜の時間帯は更にこの数値が下がります。

 

これまでの統計上、平日の夜は会社員で溢れかえる時間にも拘わらず当選率は圧倒的に低いみたいですね。
ケン娘
ケン娘

 

これは全国的にどこも同じ様な傾向にありますので皆さんも自身のホールでチェックをしてみるといいと思います。
(特に新台の稼働時分かり易いです)

この数値からみても分かりますが、20代の頃の自分は平日の20時という悪環境で稼働して負けるべくして負けていたのです。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
今は平日の仕事帰りは基本打ちません。収益も安定しているので平日夜の稼働は極力減らして正解だと思ってます。

 

もっと当選率の詳細を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

その他、夜稼働する際に注意すべき点はこちらの2記事が役立つと思います。

 

 

これだけでかなり損失を減らせます。

実際、パチプロの方をみても朝からの稼働が多いのもこの点を意識しての立ち回りかと思います。
(今は遊タイムで夜稼働も増えましたが)

ボーダーだけでは駄目な理由 その③:稼働目標(1)

お金ありきの勝負は避けるべきでした。

ボーダーで20を上回る台を見つけると気持ち的に投資を粘る傾向が出てしまい、気付けば投資が膨らむ事が多かったです。

しかし、結果はこんな感じです。

 

・嵌りの後の数連
・単発の連続
・手元に残ったのは数千円

 

勿論、これと逆の事もありますが、一度大きな負債を抱えると焦りから次の投資も大きくなり雪ダルマ式に負債が増えました。

云わば新車で道に迷っている状態です。

 

いくら新車で走行していても、道に迷い(=嵌り、単発など)迂回を繰り返せばガソリン(=お金)を浪費するのと同じです。

よって、今は狙い目の台を絞り込み、投資すべき回転数を設定してダラダラとお金ありきの投資は行わない様にしています。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
この方法に切り替えてから、年間で安定して勝てる様になりました。

 

一番の要因は投資額が少ない分、仮に坊主であっても負債が重くのしかかる事がないのでプラスに転じやすいという点です。

狙い目の回転数は勿論毎回当たる訳ではありませんが、知っていると無駄に投資する事が減るので下の2つは読んでください。

 

 

お金ありきの投資をしていると負債を抱えた時にプラスに転じるのが困難になるので、出来るだけ投資は抑える様にしましょう。

ボーダーだけでは駄目な理由 その④:稼働目標(2)

毎月の収支はしっかり管理すべきでした。

20代の頃の投資はとにかく収支は後からついてくるもの、という考えで勝っても打つ、負けても熱くなって打っていました。

しかし、パチンコの欲というものは恐ろしいもので、勝てば更に勝てる!負ければ取り返さねば!と止まる所がありません。

20代の頃の敗因はまさにこれです。

ボーダーでいくら回ろうが負ける時は負けますし、勝つ時もあるので、何処かで落としどころを決めておく必要があるのです。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
ボーダーに拘る前に投資するお金のルールを自身の中で決めておくことの方が何倍も重要です。

 

例えば、月の勝ち越しが●万円に達したらその月は打たない!とか、逆に〇万円負けたら今月は打たないという決めごとです。

実際、月に何十万も負けている人の収支表をみても、頭~最後まで負け続けている事は稀で途中何回か勝ち越しています。

 

その時点でやめてれば勝ちなのにね。
ケン娘
ケン娘

ただ、大半は欲に負けているんです。

年間収支をプラスにするにはボーダーより収支管理が大事と言っても過言ではありませんので、下記の記事を参考にしてください。

 

 

また、中には借金をしてまでパチンコに打ち込んでいる人もいるようです。

ただ、悔しいかもしれませんが絶対にパチンコで借金を返すのは100%不可能です。その理由はこの記事を読んでください。

 

ボーダーだけでは駄目な理由 その⑤:台選び

投資する台の選択はとても重要です。

20代の頃は回る台を兎に角追いかけていましたが、パチンコはプログラムでしっかりと管理されているので回るだけでは勝てません。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
特に稼働から時間が経ち人が離れた台などは一定の呑み込みが行われないと排出は行わない様に出来ています。

この点を知らずにキャラが好き!という理由で機種を固定していては安定した年間の収支を得る事はむずかしいです。

この点は下記の記事に詳細を記載しているのでぜひ目を通してください。

 

この記事のまとめ

如何だったでしょうか?

この記事ではボーダー理論だけでは安定した収支を得る事がむずかしい理由を自らの経験を元にご紹介させて頂きました。

念の為、ポイントをまとめておきます。

 

注意すべきポイント

・平日の夜の稼働は避ける
・当選率を意識する
・お金ありきの勝負はしない
・収益管理を徹底する
・台選びは慎重におこなう

 

今は規制が強化され射幸性を抑える様な仕様になっています。

・当たりにくい
・出玉が獲得しにくい

つまりは、以前みたいにパチンコにのめりこむ人間を少なくしたいのです。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
それにも拘らず、10年以上前と同じようにボーダーで立ち回っていても勝てるわけがありません。それが社会人、学生なら猶更です!!

 

たしかにボーダーを意識して立ち回るのはパチンコの基本ですが、それだけを意識していては絶対に長期で勝てる様にはなりません。

また、そもそも等価店で20回転/K以上の台は数台あるかどうかで、全体的には14~16回転/Kの台の方が圧倒的に多いです。

そうなるとボーダー以下の台は打たないの?となりますが、多くははわざわざホール迄来たから打っていこう!となるわけです。

つまり、運まかせの稼働です。

そもそも、youtubeなどでボーダー理論を推奨している人の殆どが無職(ニート)であり、会社員などと置かれる環境が異なります。

その人達と時間に制約がある会社員、学生、主婦が同じ立ち回りをしても、意味がないし、勝てないことは誰にでもわかる事です。

 

であれば、釘は重視しつつもこの記事で紹介しているデータ理論などを取りこんだ方が圧倒的に有利に立ち回れると思います。

僕の投資概念で良ければブログの記事、もしくは最速マスター ケンペイタ流 パチンコ投資概念 総集編で習得が可能です。

この記事で触れた攻略概念の他に、長年のデータ収集と分析からパチンコの法則性を見出し攻略概念にまとめています

頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。