好きな台を適当に打っていてはパチンコの安定収入は望めません!腰を据えて重点的に打つべき台を記事化しました
パチンコ

パチンコ雑誌が絶対に書かない狙い目の回転数に秘められた法則[鏡の法則]など

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

よく雑誌やネット見ていると『狙い目』の回転数が記載されてます。

パチンコのデーターを取り続けていると、狙い目は存在するので否定はしませんが、雑誌やネットの情報は結構適当です。

この記事では狙い目の回転数を自分で設定する方法を紹介します。

この記事で得られる情報です。

 

・パチンコ狙い目の回転数とは⁈
・狙い目の回転数の絞り込み方
・実践での活用方法

雑誌やネットで見た回転数を狙ってみたけどまったく当たらない!狙い目の回転数って本当にあるの??

いつも適当に台を選んでて当たる時もあるけど大抵はホールに何年も貢いでいる…。狙い目の回転数があるなら是非しりたい。。。

という方は必読です。

3分で読める様にまとめています。

パチンコの狙い目の回転数とは⁈

パチンコの狙い目の回転数についてです。

結論から先に言います。

当たりやすい狙い目の回転数はあります

そして、狙い目の回転数の設定は特殊な機材が無くても誰にでも出来ます。

ただ、ご注意いただきたいのはネットや雑誌に書かれている回転数を鵜呑みにしても安定した収益を得る事は無理です。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
一般的に雑誌などに掲載されている狙い目の回転数は莫大なデーターを元に算出されている、と思わがちです。しかし、実際はある程度のデータを数式にあてはめ「狙い目はこれですよ~!」と掲載しているケースが大半です。

 

事実、稼働直後にネットをみると分かりますが、稼働し始めたばかりにも拘らず狙い目の回転数です!と記事が上がる訳です。

 

ガンツ
ガンツ
たしかにあんな短時間でデータが取れるのか?!よく考えれば不思議だよな。打ち込んでデータ取っているなら短時間では分析しきれないはず…

 

つまりは、適当なものが多いです!

自分はそういうのは一番嫌いです。

よって、15年以上多種多様な機種のデータを自分自身の手で超地道に収集・分析し続けてきました
(変わり者扱いもされましたが笑)

そして、出た結論がこちらです。

 

パチンコも所詮誰かがプログラミングしたもの。年々、プログラムの作りは進化するものの基本となる部分は大きく変わることなく、従来の内容に沿って稼働している。よって、データを収集・分析する事で機種ごとの癖は見いだせる。

 

よって、この記事では長年収集したデータを元に、不変的なプログラムの癖を活用した狙い目回転数の設定方法を紹介します。

パチンコ初心者などにとって、僕と同様に今からデータ収集をするのは容易ではないと思いますのでフル活用してください。

(注)ご紹介する内容は僕の投資概念のうちの一つであり、実際には他の要素を複数組み合わせ、ホールでは実践しています。
(ただ、投資概念を持たない方にはこの情報だけでも有効な手立てとなるはずです)

まずは知っておくべきポイントからです!

 

①内部確変の台を狙う
②○○の回転数を把握する
(鏡の法則)

 

この2点で狙い目の回転数は設定できます。

 

2つだけで狙い目の回転数が設定できるの?意外と簡単ね~
ガンツ
ガンツ

 

詳細を見ていきましょう。

パチンコ貯金を作るコツはこちら

パチンコ狙い目回転数の絞り方①

パチンコ狙い目回転数の絞り方です。

ポイント①から見ていきます。

①内部確変の台を狙う

そもそも【内部確変】とは、そもそも何でしょうか?という方も多いと思いますので端的に書きますね。

 

通常画面でもプログラム的に確変の状態。RUSHなどの確変が終了したにも拘らず、プログラム的には確変状態が継続している状態をさします。当然、抽選確率も通常の数値ではなく確変時の数値が適応されています。表と裏の顔が異なる二面性のイメージです。

 

なお、この状態は潜伏確変機能を備えた機種以外にも普通に搭載されています。

 

こんな状態があるって知らなかった!この状態の台に座れれば少ない回転数で大当たりが引けますね。
ケン娘
ケン娘

 

これを狙い目の設定に活用します。

この状態だと、内部的に確変にあるので当選率が1/319→1/39.8にグッと縮小され、当然はやい回転数での当選が続きます。

図で見ると分かりやすいです。

 


▲内部確変にある時の当選履歴です

 

上図はオレンジマスが内部確変を示していますが、当選率が高いので少ない回転数での当たりを繰り返しています。

ポイントはここに投資を集中させます。

 

内部確変には天井となる回転数が存在。例えば320回転が機種の天井の場合、大当たりは320回の枠の中で繰り返し発生する形となる。逆に320回を超えた台は通常の当選確率にあるものと判断します。天井となる回転数は機種により異なる為、内部確変時の最大回転数を一定期間データ収集して見定める必要があります。

機種別の天井を知りたい場合はこちら

 

よって、僕は投資を行う際はこの内部確変の形状にある台以外は基本手をだしません。

まずはこの点をご理解ください。

なお、内部確変については別記事で説明をしていますので、詳細を知りたい方はそちらをぜひ参照する様にしてください。

 

パチンコ内部確変の詳細はこちら

 

つぎに2つ目のポイントの説明です。

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。