【狙い目の台はこれだ‼】新・必殺 仕置人


抑えるべきポイント

この台の特徴を説明します。

仕置人は出すとき出さない時が明確です。

内部確変時の合計総当たり数は60近くあり、出すときは大当たりが連続します(繰り越しで次の日に持ち越されることも多いです)。


▲一撃49回(内部確変総当たり59)!!

よって、爆発している台でも、若干懸けとなりますが、条件が揃えば狙う価値ありです。

ただ、無難に狙うのであれば、少ない大当たり数が内部確変状態で続いた後の台です

〆ポイント
数連が続いた台を狙う

たとえば、4→3など少ない回転数で終わっている場合、その後に連荘が残されているケースが多いです(大当たり数をみて判断する)。

ただ、1→1→1など単発が継続している台は、その日のうちに爆発する傾向が20%と低いので、投資するか冷静な判断が必要です。

▲単発続きで爆発したので1割…

また、ラッシュ時の演出にも注意してください。

ラッシュに入ったものの数連で終了し、更に、リーチが一度も成立せずに終了した場合、内部確変が継続しているケースが多いです。

〆ポイント
STでリーチ不成立を注意

実際、これまでに上記の状況で80%の割合で次のあたりを拾っています。

とても素直な台なので、空きが出始めた今こそ狙ってみてはいかがでしょうか⁈

頑張ってください!

おまけ


▲クリックすると拡大表示されます

 

オスイチ打法の谷村先生も狙い目が270~330回転と言われてます!!

たまたまなのか?!天井値とほぼ同じですね

ご留意事項

・留意事項①
→公表している天井値は独自のデータ収集から分析した数値であり、必ず当たりを保証するものではありません。

・留意事項②
→自身の興味ある台しかデーター収集は行っていません。

・留意事項③
→データー収集後も自身がある程度の当選を繰り返すまで記事の投稿はしません。

活用方法

手順①:内部確変と思われる台を履歴で判別

手順②:天井値内で捨てられている台で勝負

手順③:鏡の法則で目安の回転数を設定

手順④:500~1000円で台の反応をみる

手順⑤:反応がなければ、別の台に移動

このページの関連記事

アクセスがかなりあります

・記事①:内部確変の詳細
→パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

・記事②:鏡の法則の詳細
パチンコ雑誌が絶対に書かない狙い目の回転数に秘められた法則

・記事③:低投資の攻略全般
攻略本が絶対に書かないパチンコに低投資で勝利する方法 まとめ

 

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ機種別攻略
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部