【狙い目の台はこれだ‼】新・必殺 仕置人


天井値

この台の天井はずばり330回転です。

330回転を天井として当たりを引き続けるイメージで、現行機の中では天井は低めなので凹凸も緩やかな履歴となります。

(鏡の法則で狙い目が200回転台の場合は天井を278回でみる様にしてください)。

履歴のイメージを見てみましょう。

イメージとしては上図の様に内部確変に入ると4マスの中であたりを繰り返します。

また、グラフの凹凸はとても素直で、鏡の法則でつながる傾向が強いので狙い目の回転数が定め易い機種です。

つねに前回の当選時の回転数を意識して鏡の法則を参照に投資することをお薦めします。

続いて狙い目の設定です。

狙い目を設ける

狙い目の回転数を設定します。

まずは台の絞り込みですが、330回転以上の台は手を出さない!を基本とします。

これだけで投資対象となる台を1/3~1/2は絞り込めるはずです

330回転以上でも当たりはきますが、内部確変は終了し、通常確率での勝負となる為、天井が見えず1000回転越えの覚悟が必要となります。

具体例でみていきましょう。

上図の赤丸の次の当たりを予想します。

赤丸は100回転台であたりを引いているので、次は101~200、201~300となります。

朝一であれば狙い目は1~100、101~200、201~300となります。

続いて注意点です。

 

▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ機種別攻略
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部