【狙い目の台はこれだ‼】 P北斗の拳8覇王

こんにちは。

麒麟倶楽部へようこそ。

人気シリーズ「北斗の拳」の8作目が登場です。

次世代型HYPER BONUS・究極神拳RUSHを搭載していることで爆発力が全面的にアピールされていますが、単発時は600発しか獲得できず、P機ならではの厳しさがある台です。

狙い目を定め低投資での勝負をしていかないと、大当たりは引けているもののトータルでマイナスという結果になりかねません。

ここでは低投資で北斗の拳8を攻略すべき狙い目の回転数を紹介します。

3分で読めます。


スペック

スペック 数値
大当り確率 低確率時 1/319.7
高確率時 1/54.3
小当り確率 1/1.19
確変突入/継続率 66%
賞球数 4&1&3&5&15
ラウンド 10R/4R
ラウンド中
カウント
10カウント
時短・電サポ 50回or次回まで
小当りRUSH 次回まで
払い出し個数
(実獲得個数)
10R 約1500個
(約1400個)
4R 約600個
(約560個)

PV

今回も演出は色々凝った内容となってます。

詳細は他の方が色々情報をまとめているので省略させて頂きます。

次に内部確変の攻略概念です。

攻略概念

初めて僕の投稿を読む方は必読です‼
※既にご存知の方は飛ばしてください。

〆攻略概念
内部確の台に投資する!
→通常の1/10の確率で勝負する

パチンコは潜伏機能付きの台に限らず「内部確変」に入るプログラムが存在します。確変時の当選確率1/54.8であれば甘デジの当選確率1/99よりも甘い確率で勝負が可能です。

・内部確変=潜伏台を拾う!ではない。
潜伏台が拾えるのは稀なのでハイエナ行為は時間の無駄。
低投資で勝つにはこの方法しかありません!

では、内部確変状態の台を如何に見極めれば良いかというと回転数です。

天井の回転数を超えている場合は、通常状態にあると判断し、投資対象から除外します。

以上が攻略概略となります。

続いて北斗の拳8の天井値です。

 

天井値

北斗の拳8の天井はずばり378回です。

天井は現行機の中では高くありません。

4マスの中で凹凸を描くイメージなので鏡の法則が比較的適用され易く、狙い目の回転数も決めやすいかと思います。ホールで人気の「仕置人」と比べてもマスが2つも少ないので狙い目が定め易いかと思います。

内部確変の状態にある台を狙う事を前提とし、378回転以上の台には手を出さない!を基本とする事で投資対象が1/3~1/2は絞り込めます。

378回転以上でも当たりはもちろん含まれていますが、通常確率での勝負となる為、低投資には向きません。

では、注意点を見ていきましょう。


ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!(もしくは収集したデーターどの様に分析して良いかが分からない…)、新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

なお、今回の内容はブログの核心に匹敵するものとなっており、常日頃、麒麟倶楽部をご愛顧いただき、記事の内容に納得頂けた方のみにお届けしたいと考えており、有料とさせて頂きました。

■販売価格:
●3つの方程式→2,980円

ご購入をご希望の方は上記バナーをクリック頂くかここから購入ページに移動することが出来ます(ページ移行後、即購入ではありませんので気軽に覗いてみてください)。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けるはずです‼ぜひ、ご検討ください。

パチンコ機種別攻略
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部