パチンコ

パチンコ内部確変の仕組を図解で徹底解説 これが本当のハイエナだ‼

内部確変の天井の算出方法

天井の算出方法をご説明します。

天井の算出はデータを集める事から始める必要があり、若干、面倒に感じるかもしれませんが、その後の勝率が大きく変わります。

算出するには、まずはホールで内部確変の形状にある履歴を見つけ、その上で下記のポイントに注視する様にしてください。

・内部確変の形状を探す
・その中で一番高い当たりをみる
・その当たりの回転数を確認する

 

具体的に図で見てみましょう。


▲内部確変にある履歴です

集計するのは青グラフとピンクグラフの間の凸がもっとも高い部分(赤枠)です。この時の回転数を集計していきます。

300回で当たってるモノが最大の場合もありますし、320回、280回。。。と、どんどんデータを集めていきます。

結果、最大値が320回転だった場合、その機種の天井は320回に設定する事となります(実際にはもっとデーターは集めます)。

ケンペイタ
ケンペイタ
地味ですが、重要です。

 

新台稼働時は1~2週間掛けて100個ほどのデータを収集し、あとは打ちながら「天井」を微調整していけばOKです。
(今はサイトセブンを活用しています)

収益を上げるのであれば努力してください。積み重ねる事で‘’お金ありきで勝負している人‘’より必ず成果がついてきます。

こんな事してる人が居るなんて驚きだな!
ガンツ
ガンツ

 

つづいて実践で注意すべき点の説明です。

天井値は知りたいけどデータ収集が面倒!!すぐに数値を把握して実践に移りたい!と云う我がまま様はこちら

内部確変の実践例

ホールで実践結果のご紹介です。

 

ケンペイタ
ケンペイタ
常に内部確変を狙ってます

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか⁈

この記事では内部確変の仕組みとその仕組みを活用した投資法をご紹介しました。

念のためポイントをもう一度まとめます。

ポイント

当選確率1/10で勝負できる
どの機種にも内部確変は存在する
内部確変に投資を集中させるのがコツ
内部確変の見極めはデータ収集
内部確変の特徴を理解する

データロボサイトセブン
\今だけ10日間無料お試し登録/
登録はこちら(無料)

 

狙う時はこんな感じがお薦めです。

①他の人がハマるのを待つ
②内部確変の途中で諦めるの待つ
(単発、数連が続けば大抵やめます)
③鏡の法則で投資回転数を設定
④③で来なければやめる
⑤①~④を繰り返す

まだ、鏡の法則を知らない…という方は何を基準に投資をしてるのでしょうか?まずはこちらから急いで確認してください。

これらを徹底して立ち回る事で当選確率の高いポイントに集中投資が可能です。
(まさにハイエナの如く?!)

無駄な部分は他人に打ってもらいましょう。
(いまは専業モドキが多いので、時間を掛けて対象台が空くのを待てばOKです)

 

尚、‘’内部確変‘’は僕の投資概念の一例であり、普段は他の投資概念を複数絡めながら投資する台を選別しています。

もし、投資概念全般を習得したい方はブログを読み込むか、最速マスター パチンコ攻略概念 総集編を活用してください。

これまでのデータ分析から編出した複数の法則性を元に、狙うべき台の絞り方を詳細にまとめているのでご参照ください。

頑張っていきましょう!


▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方にお薦めします。

データ収集にかける時間は不要!
投資範囲をホールで把握できる優れもの。
一度知ってしまえば10年は活用可!

▲【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦め。
同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼