【必読】パチンコ大当たり数に秘められた仕組を解き明かそう


差分大の法則

前日と大当たりの差分が大きい台は避けるべきという法則です。

これも夜の時点で適用される法則となりますが、前日との差が離れている台は、これまでのデーター上7割は爆発することなく閉店を迎えます。

上記が具体例ですが、20時などの時点で前日とかけ離れた大当たり数の台が、その後、爆発して前日の36回の当たりに近づく事はほぼありません。

もし、前日爆発した台でその日も調子が良い台は、夕方時点で大当たり数が前日数に近い数値に並んでいるケースが多いです。

前日・前々日の大当たり数と大きな差がある台は伸びない

ビリッケツの法則

もう一つ法則をご紹介します。

この法則はシマ置きで同じ機種が並んでいる場合に適用できます。見極めがとても簡単なのでぜひ台選びの知識に加えてみてください。

〆ポイント
夜からはシマの中で一番大当たりの少ない台は打たない

シマの中で他の台がそれなりの大当たり数を叩き出していると『この台もこの後伸びるのでは?!』と思われるかもしれません。

とくに新台の時なんかそうだよな!
ガンツ
ガンツ

しかし、これまでのデーターでシマの中で一番大当たり数が少ない台が、その後爆発して他の台と大当たり数が並ぶことはほぼありません。

これを、【ビリッケツの法則】と呼んでいます。

ほとんどは回収台としてその日の稼働を終えていますので、この様な台は危険なので避けていただく方が無難です。

これは自身のデーターから述べていますが、新台が出たときに夜から見てていただくと分かりますので是非チェックしてみてください。

必死に打ってもホールの罠にはまるだけです。

次に法則の活用法です。



▲ケンペイタ流の攻略ポイントを最速でマスターして実践に移りたい方は参考にしてください。

▲ブログの【狙い目シリーズ】にない機種の天井を知りたい!情報集めの時間がない!新台導入直後から勝負したい!という方にお薦めです。

同じ当選確率1/319でも当たりの重さが機種によって違うのか⁈をご理解頂けます‼


▲集めたデーターを入力するだけで天井の分析が行えるシートです。自分が使用しているものなので割安提供です。

上記バナーをクリック頂くかここからページに移動することが出来ます。

 

パチンコ攻略全般
お金に縛られずに人生を贅沢に楽しむ100の方法|麒麟倶楽部